中小企業や個人事業主が資金繰りのためにローンを借入ることは可能?

loan

中小企業や個人事業主にとって、
まだ創成期の資金繰りが苦しい段階では、
少しでも運転資金が欲しいところ。

できれば、銀行や消費者金融から
無担保でローンを借入して、
設備投資や人件費の準備に充てたいのが本音だろう。

スポンサーリンク

では実際に融資を受けることは可能なのか?
以下で、その可能性について考えてみる。

基本的には銀行も消費者金融も、
ある程度の年収があって、
収入が安定してさえいれば
融資はしてくれるのが通例。

審査の際には
収入証明(確定申告書)の提出が求められ、
これにより融資の判断が行われるのだか…

ここに思わぬ落とし穴が存在する。

実は、審査の対象となる収入証明の金額は、
実際の収入から経費や様々な控除を差し引いたもの。

ご存知の通り、個人事業や中小企業は、
節税のためにかなりの額を経費として
計上してる場合が多い。

実際の収入が高額であっても、
金融機関からは低収入に見えてしまう。

収入が同じ程度であっても、
自営業者の方がローンを借入しにくく、
会社員が借入しやすい理由がここにある。

また、これは俺も実際に起業してみて
感じることだが、個人事業主をはじめとする
中小企業というのは、一般的な信用度がとてつもなく低い。

まだまだ昭和の面影か、
世間一般的なイメージは「不安定」一辺倒。

それも審査をする側の連中は、
とてつもなく頭の硬い連中ばかり。

それをかんがみれば、
審査基準の高さは想像に難くない。


スポンサーリンク

このように、
個人事業や中小企業がローンを借入するのは
非常に厳しいハードルがある。

ほとんどの金融機関が、
融資を渋るというのが現実だ。

なかなか厳しい選択を強いられるが、
どうしても借入たい場合は、
各消費者金融や銀行が提供している
個人事業主向けのローン
という手もある。

銀行の企業向け融資ほど審査が厳しくないので、
最終手段としてはアリだろう。

以上、入門的内容ではあるが、
融資を検討している方は参考にしてみて欲しい。





スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
モノクローム

モノクローム人生のインタベンショニスト

投稿者の過去記事

1979年生まれ。血液型O型。
格闘ゲーム(ストⅡシリーズ)が趣味。
ストV(2016年2月18日発売)で、
”ガチプロ”目指しやり込む予定。
長野県出身で現在は東京都在住。

ネーミングは…
トレードの世界が常に
「グレーゾーン」であることに由来。

灰色で曖昧な相場の世界を
如何に根拠ある形で明確化していくのか?
これが最大のテーマ。

モットー(信条)は、、、

「極力裁量を加えない事が、最高の裁量判断」

ポートフォリオの概念を
積極的に取り入れることで、
収入源のリスク分散化に成功する。

収益の柱となり得る"資産"を形成すべく、
ネットビジネスにも積極的に着手。

依存せずに好きにハマって
人生を満喫する”生き様”を提案している。

プロトレーダーとして活動する傍ら、
現在、パチプロ、マーケッター、
インタベンショニストとしても活躍中。

      サイト運営者:モノクローム


     【人生のインタベンショニスト】



        ⇒上の猫は何者?

無料メルマガ

悩み、相談、気軽にお問い合わせを。

独自商材検証


圧倒的な破壊力を秘めた裏技


特集記事











ピックアップ記事

  1. 先日、いつもザッと目を通している投資系のメルマガ内で、珍しくちょっとだけ 俺の興味を…
  2. さて、前回までの記事では、「抽象度を上げる」ことによって、自分の中にある「枠」みたい…
  3. 最近、投資系ブログやメルマガで、盛んに紹介されていた無料オファーがあったので、試しに…