給料日前の急な出費で金融機関からキャッシングする若者たち

wakamono

金銭の貸し借りが日常化している現代では、
個人がローンを組むことは別段珍しい事でも
なんでもない。

家を買う時は未だ住宅ローンを組む人も多いし、
車の購入時だって一括キャッシュで
支払う人の方が稀だ。

スポンサーリンク

「給料日前でカネないや…」
「急な出費で今月ヤバいんだよね…」

個人的に、いざ金を借りるとなれば、
銀行などの金融機関かクレジットカード会社、
又は消費者金融、このどれかを利用する事になる。

銀行は保証人や担保がないと厳しいし、
クレジットカード会社もある程度の信用力が必要で
敷居が高い。

となると、当然消費者金融を選ぶしかない
輩が一定数出てくるわけだが……。

かつては悪徳なイメージの代表格
「サラ金」で恐れられた消費者金融も、
現代ではドラマや漫画、映画といった
エンタメ分野でその実態が描かれ、
随分身近な存在となった。

テレビをつければ、
「サラ金」とは縁もゆかりもない
好感度が高いタレントが、気軽にカードローンを紹介している。

もはや若者たちに、
「サラ金」=「悪」といった
イメージはあまり無さそうだ。

義務教育でカネについて、全く教育されない弊害が、
早くもこういったところでも如実に表れている。

輝かしい可能性に満ちた20代の若者が、
カードローンの仕組みや借金の返済が
自分の人生に与える影響をどれ程わかっているか疑問だ。

若気の至りなどで済まされる問題と違って、
キャッシングというのは人生そのものを
完全に狂わす。

いったん多重債務者に陥ってしまえば、
そこから這い上がるのは至難の業。

借金で地獄に転落した彼らを救う手立ては、
今の日本には用意されていない。


スポンサーリンク

更にデータで見れば、
若者だけの問題だけではないのが分かる。

現在、日本で消費者ローンの利用者は
1500万人を超え、比率で言えば、
全国民の8人に1人が利用経験者となる。
(日本信用情報機構調べ)

一人一人の人間が、
自分の身は自分で守る事を学ばなければ、
この先も数字は上がり続ける一方だろう。

ファイナンシャルリテラシーの低さは
世界でも有数なのに…

国の借金額や個人のローン比率は超一流。

なんとも歯がゆい現実だ。
こんな日本に誰がした。

今一度問いたい。

今日あなたがする借金は、
未来のあなたを確実に苦しめるだろう。

それでも…キャッシングしてみる?





スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
モノクローム

モノクローム人生のインタベンショニスト

投稿者の過去記事

1979年生まれ。血液型O型。
格闘ゲーム(ストⅡシリーズ)が趣味。
ストV(2016年2月18日発売)で、
”ガチプロ”目指しやり込む予定。
長野県出身で現在は東京都在住。

ネーミングは…
トレードの世界が常に
「グレーゾーン」であることに由来。

灰色で曖昧な相場の世界を
如何に根拠ある形で明確化していくのか?
これが最大のテーマ。

モットー(信条)は、、、

「極力裁量を加えない事が、最高の裁量判断」

ポートフォリオの概念を
積極的に取り入れることで、
収入源のリスク分散化に成功する。

収益の柱となり得る"資産"を形成すべく、
ネットビジネスにも積極的に着手。

依存せずに好きにハマって
人生を満喫する”生き様”を提案している。

プロトレーダーとして活動する傍ら、
現在、パチプロ、マーケッター、
インタベンショニストとしても活躍中。

      サイト運営者:モノクローム


     【人生のインタベンショニスト】



        ⇒上の猫は何者?

無料メルマガ

悩み、相談、気軽にお問い合わせを。

独自商材検証


圧倒的な破壊力を秘めた裏技


特集記事











ピックアップ記事

  1. いきなりだが、あなたに質問。「あなたは自分自身がどういう人間なのか、 自信をもっ…
  2. 先日、いつもザッと目を通している投資系のメルマガ内で、珍しくちょっとだけ 俺の興味を…
  3. 先日、統計競馬に関する記事を書いたところ、思いのほか反響があったので、俺自身ちょっとビッ…