FX法人の種類

officebuilding

今日は、会社設立時に誰もが
最初に検討するであろうFX法人の種類を紹介する。

多くの人が、最初に選択したこの決定で、
税制面や信用面に影響が出てくると考えている。

だが、
最近はどちらを選んでもそれほど違いがないので、
そこまで肩の力をいれずに選択するようにして欲しい。

主な選択肢は2つ。

合同会社と株式会社だ。

以下で詳しく詳細を見ていこう。

スポンサーリンク

合同会社

名前だけ聞くとなんだかよくわからないが、
要は出資者がそのまま役員になる、
中小や零細企業のような
比較的小さな会社を想定したもの。

一般的によく知られる株式会社よりも、
低いコストで簡単に会社をつくることが出来る。

税制上は、ほぼ株式会社と同じ扱いなので、
特にデメリットというものは考えなくてもよい。

一時期、
「銀行で法人口座を開設する際に合同会社は不利!」
と言われたこともあったが、現在はあまり関係ないようだ。

ただ一点だけ、
信用面だけは現在でも若干ながら落ちるのは間違いない。

最近ではだいぶ知られるようになってきたが、
未だ起業に一切興味のない一般の人たちには、

「何それ?」

と言われることもしばしば。

役員の名称も、
株式会社における「代表取締役」に相当するのは、
合同会社の場合「代表社員」という表現に。

なんとも名乗りづらい肩書きになるので、
こういったことが気になる方は
株式会社を検討するのも手。

株式会社

こちらは言わずもがな、
誰もがご存知の比較的大きな会社を想定したもの。

役員以外の出資者(株主)が存在するケースが多く、
FX以外の事業を手がける予定がある方や、
対外的な信用力が必要となる場合は、
こちらを選択するのがオススメ。

設立時のコストを負担すれば、
たとえ一人でも代表取締役として登記できるので、
社長を名乗ることも可能。


スポンサーリンク

俺の場合、
立ち上げ時の資本金もあまり多くなかったので、
法人で契約する時の信用力を得るために
株式会社を選んだ側面もある。

社長になる夢をかなえたい方は、
迷わずこちらを選ぼう。(笑)

まとめ

実際に必要な詳細金額の解説は専門家に譲るとして、
ここでは目安となる金額だけ。

比較的安い会計事務所にお願いして……

合同会社:6万円
株式会社:20万円

最低でもこれくらいは必要。

FX法人を立ち上げる場合、
その第一の目的は法人口座の開設なので、

その審査に影響がない以上、、、

安く済ませたいなら合同会社。
知名度や信用が欲しいなら株式会社。

これで問題ないと個人的には感じる。

いざとなったら
合同会社→株式会社への変更も可能なので、
あまり悩み過ぎずに決めて、
会社設立への第一歩を踏み出して頂きたい。





スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
モノクローム

モノクローム人生のインタベンショニスト

投稿者の過去記事

1979年生まれ。血液型O型。
格闘ゲーム(ストⅡシリーズ)が趣味。
ストV(2016年2月18日発売)で、
”ガチプロ”目指しやり込む予定。
長野県出身で現在は東京都在住。

ネーミングは…
トレードの世界が常に
「グレーゾーン」であることに由来。

灰色で曖昧な相場の世界を
如何に根拠ある形で明確化していくのか?
これが最大のテーマ。

モットー(信条)は、、、

「極力裁量を加えない事が、最高の裁量判断」

ポートフォリオの概念を
積極的に取り入れることで、
収入源のリスク分散化に成功する。

収益の柱となり得る"資産"を形成すべく、
ネットビジネスにも積極的に着手。

依存せずに好きにハマって
人生を満喫する”生き様”を提案している。

プロトレーダーとして活動する傍ら、
現在、パチプロ、マーケッター、
インタベンショニストとしても活躍中。

      サイト運営者:モノクローム


     【人生のインタベンショニスト】



        ⇒上の猫は何者?

無料メルマガ

悩み、相談、気軽にお問い合わせを。

独自商材検証


圧倒的な破壊力を秘めた裏技


特集記事











ピックアップ記事

  1. 今日は、俺にしては珍しく、人様の商材のレビュー(感想)をお届け。…といっても、中…
  2. さて、前回は「俯瞰的な視点」から物事を見て、「抽象度を上げる」という概念そのものが如…
  3. さて、前回の記事で、初めて人様の無料メルマガを紹介してみたところ、、、↓↓↓この…