チャンスを逃し続ける人が犯す致命的な悪習慣とは?

chance 1

「検討させていただきます」

週末、賑わう渋谷の居酒屋で、
オレの真後ろに座るサラリーマン風のオヤジが一言。

どうやら自分では判断がつかず、
商談の決断を引き伸ばして、
必死に返答を保留している様子。

大方、上司の判断を仰ぐための
時間稼ぎか何かだろう。

スポンサーリンク

電話を一本かけた後は、
態度がコロッと変わって突然強気になった。

世の中には決断を迫られた時、
「ちょっと待ってくれ」を繰り返す人がいる。

今回は事なきを得たようだが、
幸運というのは躊躇している間に逃げてしまう。

断固たる決意で迅速に行動すべき時に、
不必要にグズグズする習慣というのは、
ときに命取りとなる。

熟慮した結果としての発言であれば、
まだ救いはある。

しかし、大概の場合は、
ただ単に自分に決断する勇気と自信がないだけだ。

優柔不断はチャンスを逃し続ける。

判断を先送りする人は、世間やビジネス、
そしてチャンスから置いていかれるのが定石。

更に即決断しなかった事によって、
機会損失を被るおまけ付き。

「あの時、即決してさえいれば
あのプロジェクトは今頃…」

よくある光景だ。

この機会損失は、本来得られるはずであった
ものが得られなくなるなるだけなので、
その未来の損失に本人すら気づいていない
場合さえあるのが厄介な点。

過去に手に入れた100万と、
これから得るはずであった100万の価値
というのは等しいというのに。

おれも以前はこうやって多くのチャンスを自ら潰し
「オレにはチャンスがない」と周囲に愚痴る
タチの悪い負け組の一人だった。


スポンサーリンク

ただ俺の場合、後悔はしていない。

何故なら自分で責任を持って、「選択」したからだ。

時に、慎重な姿勢が将来の損失を避け、
身を助ける事もある。

何でもかんでも即答するのも考えもの。

己の経験からくる直感を信じて、
一先ず冷静になるのも立派な戦術だと俺は思う。

何度もこのブログでは述べているが、
最後は自分で決断するしか道は存在しない。

人生に正しい道などない。
あなたが選んだ道こそが正解なのだから。





スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
モノクローム

モノクローム人生のインタベンショニスト

投稿者の過去記事

1979年生まれ。血液型O型。
格闘ゲーム(ストⅡシリーズ)が趣味。
ストV(2016年2月18日発売)で、
”ガチプロ”目指しやり込む予定。
長野県出身で現在は東京都在住。

ネーミングは…
トレードの世界が常に
「グレーゾーン」であることに由来。

灰色で曖昧な相場の世界を
如何に根拠ある形で明確化していくのか?
これが最大のテーマ。

モットー(信条)は、、、

「極力裁量を加えない事が、最高の裁量判断」

ポートフォリオの概念を
積極的に取り入れることで、
収入源のリスク分散化に成功する。

収益の柱となり得る"資産"を形成すべく、
ネットビジネスにも積極的に着手。

依存せずに好きにハマって
人生を満喫する”生き様”を提案している。

プロトレーダーとして活動する傍ら、
現在、パチプロ、マーケッター、
インタベンショニストとしても活躍中。

      サイト運営者:モノクローム


     【人生のインタベンショニスト】



        ⇒上の猫は何者?

無料メルマガ

悩み、相談、気軽にお問い合わせを。

独自商材検証


圧倒的な破壊力を秘めた裏技


特集記事











ピックアップ記事

  1. さて、前回の記事で、初めて人様の無料メルマガを紹介してみたところ、、、↓↓↓この…
  2. さて、今年も法人としては恒例の多忙な年度末が過ぎ去った。決して暇になるわけではな…
  3. インターネットビジネスマニフェスト完全版は、起業家や経営者、個人事業主をはじめ、独立…