メンター、師匠、仲間への想い~人も環境も”変わり続ける”ものだから~「不変なモノ」なんてこの世にはない話

出会いがあれば、別れがある。

それは、哀しいけれど…
避けては通れない世の理。

人生は常に”流動的”だ。

どんなに気のおけない仲間も、、、
心の底から尊敬するメンターも、、、
かけがえのない楽しかったあの瞬間も、、、

その時の感情は、過去のものでしかない。

人は絶えず成長するものだし、
立ち止まっていても環境は常に変化し続ける。

関係性は常に一定ではなく、移りゆくもの。

この世の中に、
永遠不変なものなどありはしない。

依存なき人生。

これが俺の生き様だ。

いつまでも過去に引きずられ、
寄りかかった大舟に身を託すばかりでは、
己の足で人生を歩むことは決して叶わない。

それは過去に、数多の出会いと別れを
繰り返してきた俺にとって、
もはや当然のことであったはず…

だが、それでも未だ強い郷愁を感じるのは、
俺が年をくった証拠だろうか。。。

年初のこの時期になると、
何だかとっても、もの寂しい気持ちになる。

学生時代には、
幾度もそんな淡い経験をしたものだが、、、

今は一端の経営者。

まさか、この歳にもなって
こんなにも真剣に、人との繋がりを
刹那的に捉えることになるとは、
つゆにも思わなかった。

人生における、メンター、師匠、仲間の存在。

思えば俺の人生は、
数々の出会いに支えられてここまできた。

俺にとっては、その1つ1つが
かけがえのない経験であり、大切な想い出だ。

そのどれ1つ欠けたとしても、
今の自分は存在し得ないのは、まず間違いない。

だからこそ殊更、
こんな気持ちになるんだろうな…きっと。

2017年元日。

年初でもあるこのタイミングで、
今日は俺のメンターや仲間に対する複雑な心境、
そして想いの丈をちょっと語ってみようかと思う。

スポンサーリンク

3人のメンターの存在

誰にとっても、
人生にはかけがえのない人が必ず存在するもの。

もちろんそれは、俺にとっても例外ではなく…

ツライ時、悩んでる時、不安な時、、、

人生の節目節目で、
いつも心に寄り添って、
そっと背中を押してくれたのは、
メンターの存在だった。

俺にはたくさんの師と呼べる人がいるが、
中でも特に、絶望の淵から俺を救ってくれたのは、
以下に挙げる3人のメンターだった。

・FXの師匠 ぷーやんさん
・マーケティングの師匠 竹川さん
・パチンコの師匠 かっつんさん

傍若無人で頭の固いこの俺が、
なんとかここまでこれたのは、
尊敬する御三方のお力添えのお陰。

本当に感謝しても仕切れないほど。
この場を借りて、お礼申し上げますm(_ _)m

それぞれの分野で出会った大切な仲間たち

そして何より感謝しているのは、
各メンターから直接学び、時間を共有し、
志を共にした仲間の存在だ。

不器用で表現下手な俺なので、
ここではその気持ちを正確に言葉にできず、
大変もどかしいのだが…

本当にホントにほんとうにみんなありがとう!

みんな大好き!!!

これが俺の偽らざる気持ちだ。

ちょっと疎遠になってしまっても…
目指すべきベクトルが違っても…
価値観の違いが生じても…

それでもやっぱり大好きで、
みんな大切で素敵な人たち。

今まで俺を気にかけてくれて…
励ましてくれて…一緒の時間を過ごしてくれて…

地ベタを這いずり回り、
泥水を啜りながらも、へこたれることなく、
何度も何度も立ち上がれたのは、
紛れもなく仲間の力があってこそ。


スポンサーリンク

本当は、名指しで感謝の気持ちを伝えたい!
…そんな気持ちをグッと堪える。

出会いがあれば、別れもある。

それが人生の辛さであるし、
同時に面白さでもある。

哀しき別れも、新たな出会いも、
その全てを糧に頑張っていきたい。

今年は自分の気持ちに素直になって、
できるだけ積極的に交流出来る機会を
増やしたいと思っている。

メンターや仲間との”在り方”について

俺は、メンターや仲間たちを
めっちゃ尊敬しているし、みーんな大好きだ。

だが、その感情は…

よくある新興宗教の”教祖様”みたいな
ものではないし、その存在を神として崇めたり、
絶対視するような関係性でもない。

俺にとって、メンターや仲間というのは、
あくまで並列的な関係性であり、
ビジネスパートナー的な存在だ。

それぞれが各々の強みの部分を最大限に活かし、
輝いているからこそ惹きつけられるのであって、
その存在全てを崇めているわけではない。

誰にとってもそうなように、
尊敬するメンターにも、大好きな仲間にも、
もちろん弱みや価値観の違いは必ず存在する。

だからこそ、俺は強みの部分は大いに学び、
弱みの部分は力になれる!
そんな支え合える関係性で在りたい。

俺は、そんな関係こそが、真の繋がりであり、
人間関係の本質なんじゃないかと思う。

人は、必ず弱みを持っているし、
完璧な人間なんていやしない。

恋人も、家族も、親友も、、、

みんなそれぞれ違いがある。
価値観の違いはあって当たり前だし、
完全に一致する方がむしろ異常だ。

だからこそ、全力で寄りかかって、
依存するんじゃあなくて、
お互い頼れる部分だけ頼ればいい。

お互いの弱みを補完して、
協力し合って、バランス良く自らの強みを磨いていく。

そんな関係であり続けたい!

最近は特にそう思う。

最期に・・・

つらつらと綴っていたら…
ちょっと長くなってしまった。

でも、年初のこのタイミングで、
素直な想いを吐き出せて、少しスッキリした!

今年のテーマは「正直に生きる」こと!

自分に嘘をつくことなく、
色んなことを素の自分で表現していけたらと思っている。
今年も、どうぞよろしくお願いします!!!





スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
モノクローム

モノクローム人生のインタベンショニスト

投稿者の過去記事

1979年生まれ。血液型O型。
格闘ゲーム(ストⅡシリーズ)が趣味。
ストV(2016年2月18日発売)で、
”ガチプロ”目指しやり込む予定。
長野県出身で現在は東京都在住。

ネーミングは…
トレードの世界が常に
「グレーゾーン」であることに由来。

灰色で曖昧な相場の世界を
如何に根拠ある形で明確化していくのか?
これが最大のテーマ。

モットー(信条)は、、、

「極力裁量を加えない事が、最高の裁量判断」

ポートフォリオの概念を
積極的に取り入れることで、
収入源のリスク分散化に成功する。

収益の柱となり得る"資産"を形成すべく、
ネットビジネスにも積極的に着手。

依存せずに好きにハマって
人生を満喫する”生き様”を提案している。

プロトレーダーとして活動する傍ら、
現在、パチプロ、マーケッター、
インタベンショニストとしても活躍中。

      サイト運営者:モノクローム


     【人生のインタベンショニスト】



        ⇒上の猫は何者?

無料メルマガ

悩み、相談、気軽にお問い合わせを。

独自商材検証


圧倒的な破壊力を秘めた裏技


特集記事











ピックアップ記事

  1. 先日、統計競馬に関する記事を書いたところ、思いのほか反響があったので、俺自身ちょっとビッ…
  2. さて、前回までの記事では、「抽象度を上げる」ことによって、自分の中にある「枠」みたい…
  3. いきなりだが、あなたに質問。「あなたは自分自身がどういう人間なのか、 自信をもっ…