有料で販売されているブラックボックスのインジケーターでは勝てない理由

indicator

インフォトップやインフォカート、
大手ASPに所狭しと並ぶ、投資系商材の数々。

セールスレターを覗けば、
どれもこれもド派手に誇張された数字や成績、
そして煽りに充ち満ちたキャッチコピーが
画面いっぱいに広がっている。

スポンサーリンク

いやーっ。すごいねー。(棒読み)

もはやここまでくると、
怪しさを通り越して、
清々しさすら感じるほどの詐欺っぷり(笑)

中でも特に多く見られるのが、
オリジナルを唄ったインジケーターの類い。

そのほとんどが…
「サインに従って取引するだけ!」
「これであなたも勝ちまくり!」的なノリ。

こういうのって実際どうよ?

気になるよね!…やっぱ。

だって「その通りにやれば勝てる」
って、書いてあるから!(情弱)

そりゃあ、鼻息荒くして買うよね!(情弱)

49,800円!安い!!(情弱)

これで今日から俺も勝ち組決定♪(情弱)

…スマン、取り乱した。

でも俺も昔はよくこんなやつを
興味本位で買っていた。

本よりも安い数百円のインジケーターから、
目玉が飛び出るほど高額なインジケーターまで、
色々試して検証してみた事もある。

さて、、、結果はどうだったか?

もちろん…

言うまでもなく…

全滅。

長期間に渡り、
機能し続けるものは皆無だった。

なぜこういった「〜するだけ」系の商材では、
勝つことが出来ないのか?

今日はその辺を少し”擬人化”して解説する。

 

中身のないイケメン

そもそもこういった
インジケーターというのは、
オリジナルだろうがなんだろうが、
所詮、裏で何らかの数値を二次的に加工し、
テクニカル分析した結果を表示しているに過ぎない。

「みてくれ」には相当な金をかけてるので、
表向きは非の打ち所のないイケメン風だが、
その隠れた素顔は…単なる”雰囲気”イケメン。

お洒落でグラフィカルな見た目に騙されて、
信頼してしまっては相手の思うツボ。

イケメンとお付き合いするかどうかは、
まずは中身を知ってから。

中身が伴わない「上っ面男」なんて論外。

 

良いところしか見せないイケメン

得意な相場環境であれば、
そりゃあ勝てることもある。

都合の良い場面しか載っていない、
イケてる商材は要注意。

大切なのは、
良いも悪いも含めて検証した結果。

垣間見たいのは。
負けた時のあられもない姿なのに、
肝心な部分が意図的に隠されている。

これでは結局のところ、カッコつけでしかない。


スポンサーリンク

弱みを見せない男なんて、到底信用できない。

 

ミステリアス過ぎるイケメン

謎めいた男って、ちょっと魅力的だけど、
何もかも”秘密”だと疑心暗鬼になる。

知らない、わからない部分が多ければ多いほど、
人は本心から信用することが出来なくなる。

完全なるブラックボックスでは、
例え中身も伴った、ありえないほど
パーフェクトなイケメンでも、
長期的なイイ関係を築くことはできない。

ロジックが明確でないインジケーターは、
はっきり言って使い物にならない。

 

まとめ

…という事で、
無駄に嫉妬してイケメンで例えてみたが、
如何だっただろうか?

結局のところ、
売られているインジケーターは
“聖杯”にはなり得ない。

完璧な白馬の王子様がいないように。

もし、どうしても使いたいのであれば、
ロジックを理解した上で、
実際にシグナルを検証し、
優位性があることをまず確かめること。

そうしない限りは、
腹の底からサインを信頼する事など出来ない。

それは、すなわちルール通りトレードする事が
できないことを意味する。

それでは本末転倒だ。

インジケーターを使っても使わなくても、
手法を検証し、優位性を確認した上で、
実際のトレードに挑む手順に変わりはない。

存在しない”魔法のツール”に頼るのではなく、
検証で確かめた確固たる優位性を武器に、
安心して相場に立ち向かおう。





スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
モノクローム

モノクローム人生のインタベンショニスト

投稿者の過去記事

1979年生まれ。血液型O型。
格闘ゲーム(ストⅡシリーズ)が趣味。
ストV(2016年2月18日発売)で、
”ガチプロ”目指しやり込む予定。
長野県出身で現在は東京都在住。

ネーミングは…
トレードの世界が常に
「グレーゾーン」であることに由来。

灰色で曖昧な相場の世界を
如何に根拠ある形で明確化していくのか?
これが最大のテーマ。

モットー(信条)は、、、

「極力裁量を加えない事が、最高の裁量判断」

ポートフォリオの概念を
積極的に取り入れることで、
収入源のリスク分散化に成功する。

収益の柱となり得る"資産"を形成すべく、
ネットビジネスにも積極的に着手。

依存せずに好きにハマって
人生を満喫する”生き様”を提案している。

プロトレーダーとして活動する傍ら、
現在、パチプロ、マーケッター、
インタベンショニストとしても活躍中。

      サイト運営者:モノクローム


     【人生のインタベンショニスト】



        ⇒上の猫は何者?

無料メルマガ

悩み、相談、気軽にお問い合わせを。

独自商材検証


圧倒的な破壊力を秘めた裏技


特集記事











ピックアップ記事

  1. さて、前回は「俯瞰的な視点」から物事を見て、「抽象度を上げる」という概念そのものが如…
  2. さて、前回までの記事では、「抽象度を上げる」ことによって、自分の中にある「枠」みたい…
  3. 今日は、俺にしては珍しく、人様の商材のレビュー(感想)をお届け。…といっても、中…