FXの利益を強化するポイントはエントリーポイントではなく出口戦略

dassyutsu

投資で勝つことは「難しい」。

投資は奥深くて極めるのは「難しい」。

もしあなたが、
トレードに対してこう思っているのなら、
半分は正しいが、半分は間違っている

スポンサーリンク

「ん?」
「いきなり何言ってんの?」
「とうとう頭が逝ってしまったか…」

 

そう素直に感じたあなた!

 

正常です。(笑)

 

一見あべこべなこの発言。

じゃあ、一体全体どういう意図があるのか?

その“真意”は?

 

それは…

投資の本質ってのは、
一見難しい内容を話しているように見えて、
実は難しい内容は全然話していなかったり
するんだぜ!ってことを意味している。

 

「ん?まだ何のことか全然わからん!」

 

そんな声が四方八方から聞こえてくるので、
さらに噛み砕いて説明してみる。

 

あなたは「このブログで話す内容」や、
「トレードそのもの」に対して、
「難しい」という意識を持ってるかも知れない。

 

でもね、、、

トレードなんてもんは…
実は極論すれば、

「事前に決まっていることを、
ただ淡々と繰り返すだけのゲーム」

に過ぎないんだよね。

 

移動平均線が・・・

ボリンジャーバンドが・・・

MACDが・・・

 

俺は「テクニカル分析」を何年もやってきた。

 

・・・結果、収穫できたものと言えば、

「意味がない」ということに気づけたこと。

 

そう。

テクニカルは、
「勝てない予想グッズ」でしかない。

いや、全く勝てないとは言わないが…
本質からはかけ離れた、極めて非効率な
「オモチャ」ぐらいの認識。

 

要は、、、

「コレなに使っても同じじゃね!?」

これが俺の最終的な結論。

 

結局、「利を伸ばし損失を小さくする」
そんなルールさえ作ることができれば、
「期待値プラスのポイント」を継続して
取引するだけでいいのだから。

 

つまり…

「FXの用語」「トレードの知識」
なんてものは全くもって使っていない訳だ。
「今でもコレは使える!!」と思えるのは、

  • 「検証方法」
  • 「トレード記録の残し方」
  • 「資金管理やメンタルの知識」

このぐらいだ。

何年もやってきた「テクニカル分析」で、
今でも使えるものは…ほぼ「ゼロ」
(勝てる手法は持ってるけどね)

 

兼業、専業問わず、
俺が知っているプロの奴等は、
(トレードで稼いでいる全員が全員)
口をそろえて、同じことを言う。

「テクニカルなんて使っても
全く意味がないということに
数年で気づくことができて良かった。」


スポンサーリンク

と。

 

言い方を変える。

「エントリーポイント」つまりは
「購入する際のタイミング」など、
いつでも良いということだ。

もちろん、
良いタイミングで購入することができれば、
それだけ利益になる可能性は高まる。

しかし、いくら「良いポイント」で
購入することができたところで、
「利益を得る方法」が決まっていなければ
全く意味がない。

 

例えば、テクニカルを元にエントリーしたら
「運よく」底で拾え、すぐに上がったので、
10Pipsで利食い。

次も同じく底狙いをしてエントリーしたら、
そのまま下がってしまい、気づけばマイナス
50Pips。

「上がるだろう」という願望も叶わず
そのままマイナス100Pipsでの損切り。

orz

 

例え話をしてみたが、、、
こんな経験は誰にでもあることだろう。

数年前のオレだ。(涙)

 

では、こういった場合、
どこに尽力すればいいのだろうか?

トレードで大事なことは、
テクニカルのような「入口戦略」ではなく、
決済に全力を尽くす「出口戦略」だ。

「出口戦略」をしっかりと立てれば、
仮にサイコロを適当に振って「↑」か「↓」か
の方向を決めて購入したとしても、
実は勝ててしまうのだ。

ちなみに、この「サイコロ手法」

実際に極限までルールを磨き、
実際に「億」を稼いだ奴もリアルに存在する。

 

それほどまでに「エントリー」とは、
「トレードで継続的に稼ぎ続ける」
ことと関係性が薄い。

あなたが優先的に身につけるべきは、
エントリーポイントを見つけるための「手法」
ではなく、決済にこだわる「出口戦略」。

今日は久々に良い話をした。
↑自画自賛(笑)

これからも、
適度にこういった話をすることで、
正しい「非常識」をあなたに「常識」として
刷り込ませていただくので、よろしく!





スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
モノクローム

モノクローム人生のインタベンショニスト

投稿者の過去記事

1979年生まれ。血液型O型。
格闘ゲーム(ストⅡシリーズ)が趣味。
ストV(2016年2月18日発売)で、
”ガチプロ”目指しやり込む予定。
長野県出身で現在は東京都在住。

ネーミングは…
トレードの世界が常に
「グレーゾーン」であることに由来。

灰色で曖昧な相場の世界を
如何に根拠ある形で明確化していくのか?
これが最大のテーマ。

モットー(信条)は、、、

「極力裁量を加えない事が、最高の裁量判断」

ポートフォリオの概念を
積極的に取り入れることで、
収入源のリスク分散化に成功する。

収益の柱となり得る"資産"を形成すべく、
ネットビジネスにも積極的に着手。

依存せずに好きにハマって
人生を満喫する”生き様”を提案している。

プロトレーダーとして活動する傍ら、
現在、パチプロ、マーケッター、
インタベンショニストとしても活躍中。

      サイト運営者:モノクローム


     【人生のインタベンショニスト】



        ⇒上の猫は何者?

無料メルマガ

悩み、相談、気軽にお問い合わせを。

独自商材検証


圧倒的な破壊力を秘めた裏技


特集記事











ピックアップ記事

  1. 先日、統計競馬に関する記事を書いたところ、思いのほか反響があったので、俺自身ちょっとビッ…
  2. 久々にインフォトップの投資系ランキングを覗いてみたんだが…多いね〜!売買シグナル系商材。…
  3. インターネットビジネスマニフェスト完全版は、起業家や経営者、個人事業主をはじめ、独立…