期待値や優位性が高い手法もルールに不安と恐怖がある限り実践は不可

sinario

「次はここでエントリーしよう」
「ここまできたら利確っと」

こういった取引時のトレードの計画を
俺らは「シナリオ」なんて呼ぶんだが、
せっかくこういったプランがあっても、
実践できなければなんの意味もない。

絵に描いた餅。

そんなんならルールなんか作らず
適当に勘で取引していた方が精神衛生上
よっぽどマシだ。

スポンサーリンク

どんなに優位性のある洗練された手法であっても、
その規律を守れないのなら、
待っているのは「敗北」の2文字のみ。

負け組みのトレーダーや初心者は、
勝てる手法さえ手に入れてその通りにやりさえすれば
勝ち続けられると妄信している人が多い。

相場というのは、一寸先は闇なわけで、
わからんからこそ損切りが発生するし、
連敗が続くこともある。

もし仮にあなたが今すぐ
「この世で最も優れた手法」を手にしても、
使いこなすことはたぶん出来ない。

なぜなら、そんな最強の手法をもってしても、
次の瞬間に機能する保障はどこにもないから。

未来の相場で機能し続けることを保障する行為は、
天気予報で明日から一週間「絶対晴れ1000%」
というインチキ予報士の戯言となんら変わらない。

そんな適当な予報に生き死にをかけるのと一緒。

手法というのは、期待値がプラスであれば
何でもいいのは確かだが、それが機能するには
一定の期間(試行回数)を要する。

取引するのが人間である以上、
この利益が停滞する期間にルールを信じられなく
なって暴走したり、本来のエントリーポイントで
恐怖から入れなかったり機会損失も発生する。

多くの場合、その一つ一つの誤判断が積み重なって、
結局は同じ手法なのに結果が異なることにつながる。

やはりそこには向き不向きがどうしても発生する。

「連敗し続けてるけど大丈夫かな…」
「次さえ勝てれば今日はプラスで終われる!」
「さすがにそろそろ下げ止まるだろう…」


スポンサーリンク

どれも勝手な人間のエゴ、そして弱さだ。

感情は意図的にスグ抑えられるような
ものではない。

だから結局ルールを破って大損する。

さらに実は、使い続けられるかどうかってのは、
なにもその人の性格や適正だけにかかっている
わけではない。

手法というのは、
実際にそのルールを実践して、
その最中に渦巻く「不安」や「恐怖」、
そういった感情を経験することで、
初めて使えるかどうかが自分でわかる。

よくも悪くも体験することで
ようやくそのルールを「信じる」ことが出来る。

これがないと、どんなに頭でそのことを理解
していても、無意味だ。

使い続けられるルールを探すことで
いろんなことが見えてくる。

まずは自分にあった規律を決めること。

ここがスタート地点。





スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
モノクローム

モノクローム人生のインタベンショニスト

投稿者の過去記事

1979年生まれ。血液型O型。
格闘ゲーム(ストⅡシリーズ)が趣味。
ストV(2016年2月18日発売)で、
”ガチプロ”目指しやり込む予定。
長野県出身で現在は東京都在住。

ネーミングは…
トレードの世界が常に
「グレーゾーン」であることに由来。

灰色で曖昧な相場の世界を
如何に根拠ある形で明確化していくのか?
これが最大のテーマ。

モットー(信条)は、、、

「極力裁量を加えない事が、最高の裁量判断」

ポートフォリオの概念を
積極的に取り入れることで、
収入源のリスク分散化に成功する。

収益の柱となり得る"資産"を形成すべく、
ネットビジネスにも積極的に着手。

依存せずに好きにハマって
人生を満喫する”生き様”を提案している。

プロトレーダーとして活動する傍ら、
現在、パチプロ、マーケッター、
インタベンショニストとしても活躍中。

      サイト運営者:モノクローム


     【人生のインタベンショニスト】



        ⇒上の猫は何者?

無料メルマガ

悩み、相談、気軽にお問い合わせを。

独自商材検証


圧倒的な破壊力を秘めた裏技


特集記事











ピックアップ記事

  1. インターネットビジネスマニフェスト完全版は、起業家や経営者、個人事業主をはじめ、独立…
  2. さて、前回の記事で、初めて人様の無料メルマガを紹介してみたところ、、、↓↓↓この…
  3. 先日、いつもザッと目を通している投資系のメルマガ内で、珍しくちょっとだけ 俺の興味を…