【FX入門編】外国為替市場の場所ってどこ?休みやオープン時間っていつなの?

kawase-shijou

FXの取引は、ご存知の通り日本だけでなく
世界各国の市場で行われている。

その市場は、世界の主要な都市にあり、
時差の関係から24時間取引する事が可能だ。

 

市場というと、
よくニュースなどに登場するような
証券取引所をイメージしがちだが……

実はFXの市場というのは、
どこか特定の場所を指しているわけではない。

スポンサーリンク

外国為替市場とは、
銀行やFX業者などが行う、
外国為替取引市場の総称のことを意味している。

 

世界各地の主要都市にFX市場は存在するが、

やはりメインは…

 

「東京」

「ロンドン」

「ニューヨーク」

 

この3つの都市は、
世界各国にある市場の中でも
最も取引量が多く取引も頻繁なことから、
3大市場と呼ばれている。

 

各市場が開いている時間帯(オープン時間)↓
FX市場

 

取引が活発に行われるコアタイムは下記の通り。

東京市場     :朝9:00~15:00

ロンドン市場   :16:00~深夜2:00

ニューヨーク市場 :22:00~翌朝7:00

※上記は標準時間で、夏時間になると1時間早まる。

 

FX市場は、24時間取引が可能だが、
土日は基本的にお休み。

 

ちなみに、平日に”祝日”があった場合でも、
世界各地のどこかの市場が大概開いているので、
取引を行うこと自体は可能だ。

だが、市場のメインはやはり3大都市なので、
(とりわけロンドン市場とニューヨーク市場)
欧米での祝日の日は、あまり流動性がなく
値動きが乏しい場合が多い。


スポンサーリンク

取引する際は、
あまり大きな値幅を狙っても
徒労に終わることが多いことを意識したい。

 

3大市場の中でも、
特にボラティリティーがあるのは、
ロンドン市場とニューヨーク市場。

とりわけ、
16:00~18:00や22:00~0:00までは、
市場オープン時間が重なり、
為替レートの動きが活発になる。

スキャルピングやデイトレードといった
短期のトレードを狙うならば、
この時間帯で積極的に取引することで、
利益を生み出すチャンスが多くなる。

 

逆に、避けたいのが日本時間のお昼頃。

ヨーロッパ諸国は早朝の時間帯だし、
アメリカに至っては、深夜の時間帯。

市場参加者が少ないので、
よっぽど大きな指標がない限り、
値動きは乏しい時間が続く。

レンジ狙いの手法ならば、
トレードするのもひとつの手だが、
トレンドを狙うにはちと厳しい。

自分の取引スタイルを考えて、
トレードする時間帯を絞っていこう。





スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
モノクローム

モノクローム人生のインタベンショニスト

投稿者の過去記事

1979年生まれ。血液型O型。
格闘ゲーム(ストⅡシリーズ)が趣味。
ストV(2016年2月18日発売)で、
”ガチプロ”目指しやり込む予定。
長野県出身で現在は東京都在住。

ネーミングは…
トレードの世界が常に
「グレーゾーン」であることに由来。

灰色で曖昧な相場の世界を
如何に根拠ある形で明確化していくのか?
これが最大のテーマ。

モットー(信条)は、、、

「極力裁量を加えない事が、最高の裁量判断」

ポートフォリオの概念を
積極的に取り入れることで、
収入源のリスク分散化に成功する。

収益の柱となり得る"資産"を形成すべく、
ネットビジネスにも積極的に着手。

依存せずに好きにハマって
人生を満喫する”生き様”を提案している。

プロトレーダーとして活動する傍ら、
現在、パチプロ、マーケッター、
インタベンショニストとしても活躍中。

      サイト運営者:モノクローム


     【人生のインタベンショニスト】



        ⇒上の猫は何者?

無料メルマガ

悩み、相談、気軽にお問い合わせを。

独自商材検証


圧倒的な破壊力を秘めた裏技


特集記事











ピックアップ記事

  1. 今日は、俺にしては珍しく、人様の商材のレビュー(感想)をお届け。…といっても、中…
  2. 先日、統計競馬に関する記事を書いたところ、思いのほか反響があったので、俺自身ちょっとビッ…
  3. さて、今年も法人としては恒例の多忙な年度末が過ぎ去った。決して暇になるわけではな…