統計&期待値の手法で相場に打ち勝つ!「確実」ではなく「トータル」で

toukei

FXをやっている初心者に、
「あなたの目標は?」ってな問いかけをしてみると…

よく「毎日〇〇Pips獲る!」とか、
「月ベースで絶対プラス!」とかいう人がいる。

スポンサーリンク

長年トレードをしているとわかるんだが、
どんなに優れたプロトレーダーであっても、
毎日とか毎月の利益を確実に取れる奴は存在しない。

仮に存在したとしても、
それは超絶天才のスキャルパーであって、
素人が決して真似したり、身に付けられるような
代物ではない。

ハッキリと断言しておくが、
俺の周りの稼いでいるトレーダーも
「月で確実にプラス」というトレーダーはいない。

月ごとに見ていけば、
負ける月もあり勝つ月もある。

つまり目標を日々の損益に向けているうちは、
まだまだ相場の本質が理解しきれていないと
思った方が良い。

そもそも俺の場合、
月や期間での収支をそれ程重視はしていない。

なぜなら、
「統計」と「期待値」を信じてやり続ければ、
プラスになることを腹の底から理解しているから。

それは自らの手で検証し、
その優位性に確固たる数値的な根拠があって
初めて信じることが出来る。

あくまで意識するのは、
取引自体の施行回数(母数)。

この世には、確実に勝てる手法は存在しないが、
その聖杯を求め、彷徨い、模索したトレーダーの
行き着く先は「統計」による「期待値」だ。

一戦一戦確実に勝つのではなく、
トータルを見て勝つ可能性がちょっぴり高いのが、
統計や期待値を活用した手法となる。

だからこそ、「長く続ければ勝てる」という
確信の下、期待値の概念を信じて、そして
自分自身も信じて淡々と取り組みを続ければ、
気づいたときにはプラスになっている。

それが「期待値」で勝つということ。

「統計」というのは、
「魔法の手法」ではない。


スポンサーリンク

「毎日単位」「毎週単位」「毎月単位」と、
機械的にプラスの収支を運んでくれる
聖杯的なものではない。

そうではなくて、
「統計」は不変不朽の「原理原則」だからこそ、
それを愚直に繰り返せば結果が出る。

しかし、その過程においては
もちろん「勝ち」もあれば「負け」もある。

でも、続けていれば、いつの間にか勝っている。

それが「統計」での勝ち方。

「統計」や「期待値」の概念を活用すれば、
月利100%のように大きく稼げる月もあるだろう。

プラスマイナスゼロの月もあるだろう。

残念ながら、マイナスの月もあるだろう。

そうした成績をひっくるめて、
こうした手法であることを理解したうえで、
ぜひ確率論的な観点からFXに取り組んで貰えれば
と思う。





スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
モノクローム

モノクローム人生のインタベンショニスト

投稿者の過去記事

1979年生まれ。血液型O型。
格闘ゲーム(ストⅡシリーズ)が趣味。
ストV(2016年2月18日発売)で、
”ガチプロ”目指しやり込む予定。
長野県出身で現在は東京都在住。

ネーミングは…
トレードの世界が常に
「グレーゾーン」であることに由来。

灰色で曖昧な相場の世界を
如何に根拠ある形で明確化していくのか?
これが最大のテーマ。

モットー(信条)は、、、

「極力裁量を加えない事が、最高の裁量判断」

ポートフォリオの概念を
積極的に取り入れることで、
収入源のリスク分散化に成功する。

収益の柱となり得る"資産"を形成すべく、
ネットビジネスにも積極的に着手。

依存せずに好きにハマって
人生を満喫する”生き様”を提案している。

プロトレーダーとして活動する傍ら、
現在、パチプロ、マーケッター、
インタベンショニストとしても活躍中。

      サイト運営者:モノクローム


     【人生のインタベンショニスト】



        ⇒上の猫は何者?

無料メルマガ

悩み、相談、気軽にお問い合わせを。

独自商材検証


圧倒的な破壊力を秘めた裏技


特集記事











ピックアップ記事

  1. さて、今年も法人としては恒例の多忙な年度末が過ぎ去った。決して暇になるわけではな…
  2. 今日は、俺にしては珍しく、人様の商材のレビュー(感想)をお届け。…といっても、中…
  3. インターネットビジネスマニフェスト完全版は、起業家や経営者、個人事業主をはじめ、独立…