FXやトレードで儲かるのは手法や必勝法ではなくリスクを体験する事

risk

FXやトレードで儲かるようになりたければ、
まず負け続けてみて欲しい。

誰よりも取引回数をこなし、
とにかく沢山の負けを積み重ねて、
リスクを体験する事を目標にする。

いきなり何を言ってるか不明だと思うが、
重要なのは一定のルール(規律)に従って、
正しく負けまくる事。

スポンサーリンク

これを実行する際、注意点が3つある。

・取引記録を必ず残すこと
・総資産の30%には絶対に手をつけないこと。
・損を取り戻そうとしてロットを上げないこと。

これだけは必ず守って実行する。

相場での真の『敗北』というのは、
口座の証拠金が底をつき、
取引が全く不可能になった時を意味する。

一回一回の取引結果の『負け』など、
微々たるものであり、
大した意味を成さないことが
身に染みてわかるはずだ。

だから、安心して負けまくって欲しい。

他の誰よりも負けた事を誇れるくらいに。

この世で負けた回数を胸を張って言える奴は
そうそういない。

相場は、それが優位性につながる特異な世界。

一定数の取り引きを繰り返した後、
取引記録を見返す事で、
見えてくるものが必ずある。

それは頭で考えただけでは決して得られない
貴重な成長への糧。

はっきり言って、こういった作業というのは
地味で面倒くさい。


スポンサーリンク

続けられない奴が大半だ。

相場に参加する95%は負け組という現実。

これをかんがみれば、こんな単純なことを
続けられない奴に勝ち組になる資格がないのは
容易に想像出来る。

相場に絶対的な手法や必勝法などありはしない。

結局は地道な努力をコツコツと。

積み上げに勝る成果はない。





スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
モノクローム

モノクローム人生のインタベンショニスト

投稿者の過去記事

1979年生まれ。血液型O型。
格闘ゲーム(ストⅡシリーズ)が趣味。
ストV(2016年2月18日発売)で、
”ガチプロ”目指しやり込む予定。
長野県出身で現在は東京都在住。

ネーミングは…
トレードの世界が常に
「グレーゾーン」であることに由来。

灰色で曖昧な相場の世界を
如何に根拠ある形で明確化していくのか?
これが最大のテーマ。

モットー(信条)は、、、

「極力裁量を加えない事が、最高の裁量判断」

ポートフォリオの概念を
積極的に取り入れることで、
収入源のリスク分散化に成功する。

収益の柱となり得る"資産"を形成すべく、
ネットビジネスにも積極的に着手。

依存せずに好きにハマって
人生を満喫する”生き様”を提案している。

プロトレーダーとして活動する傍ら、
現在、パチプロ、マーケッター、
インタベンショニストとしても活躍中。

      サイト運営者:モノクローム


     【人生のインタベンショニスト】



        ⇒上の猫は何者?

無料メルマガ

悩み、相談、気軽にお問い合わせを。

独自商材検証


圧倒的な破壊力を秘めた裏技


特集記事











ピックアップ記事

  1. いきなりだが、あなたに質問。「あなたは自分自身がどういう人間なのか、 自信をもっ…
  2. インターネットビジネスマニフェスト完全版は、起業家や経営者、個人事業主をはじめ、独立…
  3. さて、前回の記事で、初めて人様の無料メルマガを紹介してみたところ、、、↓↓↓この…