断然人気のテクニカル分析がFX市場の予測には全く役に立たない理由

tecnical

予測というのは、本当に難しい。

この世の中のほとんどの事象は、
自然科学で解明できないものばかりだ。

津波、雪崩、地震、天変地異、相場の動き…。

冷静に考えればすぐわかる事実だが、
「予測」が「目の前の現実」に
追いつく訳がないのだ。

スポンサーリンク

この世の発生する様々な現象は、
神の域に近いような「説明のつかないこと」
の方が圧倒的に多い。

にもかかわらず、その中でも
トップクラスに「説明のつかない」
市場や相場の動きを、「理解できる型」に
はめようとしているのがテクニカル分析。

複雑な数式やグラフィカルな
シグナルの描写によって、
強引にでも勝てるような雰囲気を
見事に醸し出している。

が、、、

あなたはテクニカル分析で、
実際に勝てているだろうか?

世の中の95%の人が、
「相場で勝てていない」という話はよく聞く話。

この中に占める
「テクニカル分析を利用する人の割合」は、
かなりの数を席巻しているのは間違いない。

ところであなたは、
「テクニカル指標の真の意図するところは何か?」
をご存知だろうか?

ストレートに答えを言ってしまおう。

「テクニカル指標の真の目的」とは、
多くの一般投資家が「下しそうな判断」
そのよりどころとなる「基準」を示すこと。

テクニカル指標を見れば、
一般投資家がとる行動を
わかりやすく知ることができる。

つまり、多くの投資家が頼りにする「指標」
なのだから、多くの投資家が取るであろう行動を
知るべくして知る人間が存在し、
彼らがその「指標」を逆に利用して稼ぐのが目的。

要は、テクニカル分析など鵜呑みにせず、
一歩引いて、個人投資家がテクニカル指標に
右往左往して踊らされている様を見ているわけだ。

そんなプロトレーダーや機関投資家といった
相場の猛者どもが虎視眈々と爪を研ぐ横で、
一般の個人投資家は、何でもかんでも
テクニカル指標が「汎用的」に通用すると
思い込まされ、売買させられているという
事実を知らない。

素人は、プロの手の平で踊らされている
というのが現状だ。

そんな状況で「勝てる!」と思う方が
異常だろう。

「未来を予想できる」などと顧客を煽り、
同じ答えを出させることで、同じ損失を計上させ、
その隙に大儲けするのは誰だろうか?

そう…

FX業界、証券会社、メディア、商材屋、
そして、「予測」という言葉をうまく活用して
扇動するエセエコノミストたち。


スポンサーリンク

目を血走らせながらチャートに向き合い、
テクニカルを操っている「つもり」でいる
トレーダーがあまりにも多過ぎる。

そもそも、テクニカル分析を
「チャート」という形で提供しているのは誰か?

そう、何を隠そう「業者」自身なのだ。

「テクニカル」というのは、
常に業者の手の内にある訳だ。

トレーダーの利益は業者の損失。

つまり、トレーダーと業者は
利益が相反の関係にある。

トレーダーが稼げば稼ぐほど、
眉をひそめる業者たち。

そんな「仕掛ける側」が提供する
テクニカル指標なんて信じられるかい?

さもすべてを解決してくれるような
「テクニカル分析」という言葉を巧みに利用して、
トレーダーに簡単に楽に答えが出るように
幻想を抱かせ、そして一方的に負けさせてきた
という歴史が繰り返されてきた。

こうした事実があるにもかかわらず、
損失を出すために作られたテクニカル指標を、
多くの「トレーダー」が参考にし、
それを元に形成される値動きに翻弄され、
大損させられ、なきながら市場から退場する
人たちが後を絶たない。

じゃあ、どうすりゃいいのか?

誰もが使う安っぽい指標を利用せず、
誰もがその重要性に気づいてさえいない
期待値に目を向けりゃあいい。

統計学的見地から、
粛々淡々と相場に向き合うこと。

勝てていない「負け組み」の95%の層から
抜け出すために。





スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
モノクローム

モノクローム人生のインタベンショニスト

投稿者の過去記事

1979年生まれ。血液型O型。
格闘ゲーム(ストⅡシリーズ)が趣味。
ストV(2016年2月18日発売)で、
”ガチプロ”目指しやり込む予定。
長野県出身で現在は東京都在住。

ネーミングは…
トレードの世界が常に
「グレーゾーン」であることに由来。

灰色で曖昧な相場の世界を
如何に根拠ある形で明確化していくのか?
これが最大のテーマ。

モットー(信条)は、、、

「極力裁量を加えない事が、最高の裁量判断」

ポートフォリオの概念を
積極的に取り入れることで、
収入源のリスク分散化に成功する。

収益の柱となり得る"資産"を形成すべく、
ネットビジネスにも積極的に着手。

依存せずに好きにハマって
人生を満喫する”生き様”を提案している。

プロトレーダーとして活動する傍ら、
現在、パチプロ、マーケッター、
インタベンショニストとしても活躍中。

      サイト運営者:モノクローム


     【人生のインタベンショニスト】



        ⇒上の猫は何者?

無料メルマガ

悩み、相談、気軽にお問い合わせを。

独自商材検証


圧倒的な破壊力を秘めた裏技


特集記事











ピックアップ記事

  1. さて、前回は「俯瞰的な視点」から物事を見て、「抽象度を上げる」という概念そのものが如…
  2. 今日は、俺にしては珍しく、人様の商材のレビュー(感想)をお届け。…といっても、中…
  3. 今日は、俺がFXを本格的に学ぶ上で、まず最初に読んだ専門書を紹介する。伝説のトレーダ…