テクニカル分析で未来予想は不可能!必要なのは統計と期待値の概念

mirai

FXを始めて8年の月日が経過した。

プロトレーダーとして、
酸いも甘いも経験し、
自分なりの工夫や改善を繰り返しながら、
試行錯誤を重ねてきた。

そんな俺が最近思うこと。

それは、、、

やっぱ、未来は予知出来んわ!

ってこと。

スポンサーリンク

チャートの右端より先を、
必死で予想しようと躍起になったところで
ハッキリいって時間の無駄。

検証して見れば明らかなんだが、
所詮テクニカル分析を根拠にしたところで、
統計的に有効な母数を集計すると、
ピンポイントで当てるどころか、
50%以上で当てることもままならない。

たどり着いた結論は、
結局上に行くか下に行くかは
2分の1で読めるものではないということ。

ぶっちゃけ、
サイコロやルーレットで
エントリーしてもさほど変わらんよなと。

それなら明確なルールの下で検証し、
統計的にエッジが出ているところで
目をつぶってでもエントリーして、
ロット操作(増し玉)や
出口戦略(利確&ロスカット)
で利益を得られるように工夫する。

だれもが陥りがちな
プロスペクト理論にハマらないように、
細心の注意を払いながら、規律を守り続ける。

データを取得し分析し、
期待値がプラスの偏りをみつけ、
そこをひたすら狙い続ける。

恐らく、勝っているトレーダーというのは、
小手先のテクニカル分析などに惑わされることなく、
こういった「統計」や「期待値」といった
「相場の原理原則」に則って、トレードをしている。

しかし、残念ながら世の中には、
こういった原則論に則った手法を解説した
教材等がほぼ存在しないのが現状だ。

確かに「テクニカル手法」を教えるよな
教材の方が、販売者の立場からすれば売りやすい。

わずかに裁量の余地を残しておいたり、
少しでもあいまいな表現さえ入れておけば、
いくらでもクレームからは逃れられる。

だが、こういった商材を
いくら買ってみたところで、
トレードスキルの向上は決して望めない。

何度も述べているが、
FXで本気で勝とうと思えば、
泥臭い下積みと血反吐を吐き続ける覚悟が必要だ。

はっきりいって、
こればかりは経験からしか学べない。


スポンサーリンク

でもこれって、
何もトレードだけに限った話じゃあない。

一流のスキルを身につけようとすれば、
自ずとそれなりの努力と苦労は伴うもの。

日本一の寿司を握ろうと思えば、
十年も二十年も下積みで修行しなきゃだし、

音楽だけで食っていこうと思ったら、
それこそ何年も金にならない夢を糧に
挑戦し続けなきゃならない。

どんな業種も「楽して簡単」なんてありえない。

そう考えれば、すぐに勝てないのは当たり前。

むしろ、一生もののスキルを
数年で身につけられりゃあ儲けもの
ぐらいじゃなきゃあ続きやしない。

勝ちたいのはわかる。

焦るのもわかる。

俺もその道を通ったから。

でも、だからこそ伝えたい。

短絡的なショートカットは、
結局は大きく迂回することになることを。

実際に経験を通して学ぶことが多い
FXではあるが、机上で学べることもある。

コツコツ努力を積み上げる!
そんな覚悟を持ったあなたに向けて、
これからも記事を書いていく。

ありふれた表面的なハウツーは、
どうか他で探してみて欲しい。

もっと本質的な役立つ記事を書いていこう
と心に決めた雨の昼時。

今後は、よりFXに特化した記事を増やしていく。





スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
モノクローム

モノクローム人生のインタベンショニスト

投稿者の過去記事

1979年生まれ。血液型O型。
格闘ゲーム(ストⅡシリーズ)が趣味。
ストV(2016年2月18日発売)で、
”ガチプロ”目指しやり込む予定。
長野県出身で現在は東京都在住。

ネーミングは…
トレードの世界が常に
「グレーゾーン」であることに由来。

灰色で曖昧な相場の世界を
如何に根拠ある形で明確化していくのか?
これが最大のテーマ。

モットー(信条)は、、、

「極力裁量を加えない事が、最高の裁量判断」

ポートフォリオの概念を
積極的に取り入れることで、
収入源のリスク分散化に成功する。

収益の柱となり得る"資産"を形成すべく、
ネットビジネスにも積極的に着手。

依存せずに好きにハマって
人生を満喫する”生き様”を提案している。

プロトレーダーとして活動する傍ら、
現在、パチプロ、マーケッター、
インタベンショニストとしても活躍中。

      サイト運営者:モノクローム


     【人生のインタベンショニスト】



        ⇒上の猫は何者?

無料メルマガ

悩み、相談、気軽にお問い合わせを。

独自商材検証


圧倒的な破壊力を秘めた裏技


特集記事











ピックアップ記事

  1. さて、前回は「俯瞰的な視点」から物事を見て、「抽象度を上げる」という概念そのものが如…
  2. さて、前回までの記事では、「抽象度を上げる」ことによって、自分の中にある「枠」みたい…
  3. 最近、投資系ブログやメルマガで、盛んに紹介されていた無料オファーがあったので、試しに…