”伝説のトレーダー集団タートル流投資の魔術”評価と感想&レビュー

今日は、俺がFXを本格的に学ぶ上で、
まず最初に読んだ専門書を紹介する。


伝説のトレーダー集団 タートル流投資の魔術

パンローリング社が販売している
数ある専門書(投資本)の中では、
比較的翻訳がしっかりしているので、
読みやすく、値段もお手ごろ。

まだ読んでいないなら、
下記で述べる評価や感想を参考にして、
絶対に押さえてもらいたい本のひとつだ。

スポンサーリンク

リチャードデニス率いる
伝説のトレーダー集団「タートルズ」が、
如何にして莫大な利益を築き上げたのか?

物語は、このエリート集団に属していた
トップトレーダーでもある”カーティス・フェイス”
彼の視点を中心に語られていく。

彼らは、勝率わずか4~5割しかない
中期、長期のトレンドフォローのみで、
年利100%越えの利益率を叩き出した。

これは彼らが活躍していた時代背景を考えると、
恐ろしく高い驚異的な数字。

それだけ彼らは圧倒的に飛びぬけていた。

「タートルズ」の始まりは、
リチャードデニスが考案した
トレーダー養成プログラムが起源。

プロのギャンブラーなどから選出された
様々な職業的背景を持つ、十数名のエリート達。

そんな彼らを「タートルズ」と呼んで、
トレード手法を伝授し、考え方を学ばせ
『トレーダーを人為的に育て上げる事は可能なのか?』
という実験することからすべては始まった。

純粋な読み物としても面白いが、
この本にはルールを徹底的に守る重要性
そして、リスク管理をするにあたって、
物凄く大事なことが書かれている。

この本をしっかりと一冊理解できれば、
規律を守ることや、リスク管理に関する
知識はバッチリだと思う。

手法とかR倍数など、細かい計算式も出てくるが…
そういった枝葉の部分は、
ぶっちゃけ大したことは言ってない。

彼らが採用していた手法は、
順張りの一般的なよくあるトレンドフォロー。

よく中期や長期のトレンドフォローとして使われる、
20日や50日の期間の高値安値を更新でのブレイクアウトだ。

そんな手法だから、
ルールなんてめっちゃシンプル。

はっきり言って秘密でもなんでもない。

注目すべきはリスク管理の部分だ。

どうやって彼らはリスクを管理していたのか?

ブレイクアウト系の手法というのは、
はっきりいって50%の勝率すらないわけだから、
リスク管理することで利益を積み上げていくほかない。

負ける時は小さく、勝つ時はとことん大きく、
俗に言う”損小利大”という
リスク管理を徹底していたからこそ
「タートルズ」は、圧倒的な数字が出せた。

まず、そこに気付いて欲しい。


スポンサーリンク

資金管理の章では、
「ユニット」という概念も出てくる。

これはその時の相場のボラティリティーによって、
最大でどれだけのリスク、ロットが賭けられるか?
っていう計算式なんだが、、、

その辺の資金管理をこの時代に
やっていたとう事実もやはりすごい。

手法やエントリールールなんかは
はっきりいってどうでもいい。

大したことない。

リスク管理さえ出来ていれば、
正直な話、どこで入ってもいい。

それほどまでにリスク管理というのは重要であり、
収益の大部分を占める要素といえる。

当時の彼らのリスク管理は”芸術的”ですらあった。

そうやって圧倒的な結果を出してきた彼らだが、
驚くべきことにタートルズという投資集団を作った
リチャードデニスとカーティスフェイスは、
破産している。

彼らでさえ、リスク管理の部分を曖昧にした途端、
ルールをどこかで破り破産してしまった。

この事実は、彼らが勝ち続けていたのは、
資金管理によるものだったということを
如実に物語っている。

絶対に軽んじてはいけない部分。

それが資金管理。

人は一回損切りにあうと、
次に取り返すためにロットを倍にしたりして、
どうしても規律に違反する行為を
とったりしてしまうもの。

たとえ一時的に取り返せても、
それを続けていたら
必ず取り返しのつかないことになる。

それを頭でただ単に理解しているだけではダメで、
それがなぜそんなことになるのか?
ってぇとこまで、深く知っておかなければならない。

じゃなければ、
そもそものルールなんて守れやしない。

知っているだけじゃなく、そのホントの恐ろしさを
他人の経験から学ぶことで、自分のこととして
感じ取れるかが問われてくる。

だから本を読むわけで、他人の体験を知るわけ。

そうやって自分の経験と重ね合わせて、
同じ過ちを犯さないための、
一つの擬似体験がこの本には記されている。

パンローリングの投資本の中では、
かなり安い方なので、
是非読んで勉強してみて欲しい。





スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
モノクローム

モノクローム人生のインタベンショニスト

投稿者の過去記事

1979年生まれ。血液型O型。
格闘ゲーム(ストⅡシリーズ)が趣味。
ストV(2016年2月18日発売)で、
”ガチプロ”目指しやり込む予定。
長野県出身で現在は東京都在住。

ネーミングは…
トレードの世界が常に
「グレーゾーン」であることに由来。

灰色で曖昧な相場の世界を
如何に根拠ある形で明確化していくのか?
これが最大のテーマ。

モットー(信条)は、、、

「極力裁量を加えない事が、最高の裁量判断」

ポートフォリオの概念を
積極的に取り入れることで、
収入源のリスク分散化に成功する。

収益の柱となり得る"資産"を形成すべく、
ネットビジネスにも積極的に着手。

依存せずに好きにハマって
人生を満喫する”生き様”を提案している。

プロトレーダーとして活動する傍ら、
現在、パチプロ、マーケッター、
インタベンショニストとしても活躍中。

      サイト運営者:モノクローム


     【人生のインタベンショニスト】



        ⇒上の猫は何者?

無料メルマガ

悩み、相談、気軽にお問い合わせを。

独自商材検証


圧倒的な破壊力を秘めた裏技


特集記事











ピックアップ記事

  1. 今日はいきなりド直球!俺が最近、ハマっているメルマガをご紹介。あ、メルマガっつっ…
  2. 久々にインフォトップの投資系ランキングを覗いてみたんだが…多いね〜!売買シグナル系商材。…
  3. さて、前回は「俯瞰的な視点」から物事を見て、「抽象度を上げる」という概念そのものが如…