情報商材が詐欺呼ばわりされる所以

jyouhou

最近では、だいぶメジャーとなってきた
情報商材の存在。

一昔前であれば、

「情報商材?!何それ??」

といった反応ばかりであったのが、
実に懐かしいほど。

当時はヤフオクにも
情報商材のカテゴリーが出来たり、
誰も知らない未知の情報を求めて、
みな随分盛り上がったものだ。

スポンサーリンク

現在ではASP(販売スタンド)も増え、
着実にその市場規模は拡大している。

だが、それなりの市民権を得た今でも、
あまりそのマーケットを公にしてして、
メインステージにあげようとは未だしないのが
日本社会の特徴。

商品単価が高く、市場自体はデカイのに、
メインストリームから外されていて
煙たがられている。

なぜか?
理由は簡単。

詐欺と呼ばれても仕方のないクズ情報を、
いまだ悪質な方法で販売し続ける輩が、
一定数存在するからだ。

今や詐欺の手法も進化していて、
ターゲットに合わせて戦略を練り、
コンセプトを考え、具現化するための企画をし、
実行に移す高度な戦術を用いるのはあたり前。

詐欺師というのは、
一流のディレクターでありプレイヤーでもある。

恐ろしい世の中だ。

もちろん詐欺といわれるのは
ほんの一部かもしれない。

だがそのほんの一部の商材だけで、
何百万、何千万という売り上げをあげ、
被害者は数百人単位で発生し続けている。

そして、そのほとんどが
「ネットビジネスで稼ぎたい」と思っている
情報弱者がターゲット。

ネットビジネスで稼ぎたいと考えている以上、
一般人よりはるかにマーケティングやライティング
といった知識には精通しているはず。

なのになぜいつまでも食い物にされるのか?

それは、詐欺師と呼ばれる人達が
都合のいい結果だけを集めて、
「ノウハウ」として販売しているからだ。

そのノウハウで過去に稼いだのは事実。
詐欺商材とはいえ、100%再現性がないかといえばそうではない。

ただしその多くは、現実的でない
多額の資金を使って広告をうつ戦略だったり、
毎日徹夜で作業してやっと実現可能なノウハウだったりする。

「やれば稼げるのに…結果が出ないのは
やっていないあなたの責任」


スポンサーリンク

実に巧妙な手口だ。

他にも、

「誰でも簡単に出来て真似するだけ!」

といったコピーで売るだけ売って、
実践者が増えて飽和したら、売り逃げ。

そして懲りずに、また新たな商材を発売。

以下ループ……

こんなパターンもある。

こうしてわずかな例を見てみるだけでも、
知らない人からすれば
ゾッとするような話かもしれない。

しかし、これが現実だ。
物事の本質は表層からは隠されていることが大半。

あなたも知らないうちに
いつ洗脳されてもおかしくはない。

settoku
説得の心理技術
著者: デイブ・ラクハニ
↑↑↑詳細はこちら

騙されないためには、
相手の手口を知ることがまず大切。

詐欺師の「いいカモ」にならない為にも、
まずは武器を手にして欲しい。





スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
モノクローム

モノクローム人生のインタベンショニスト

投稿者の過去記事

1979年生まれ。血液型O型。
格闘ゲーム(ストⅡシリーズ)が趣味。
ストV(2016年2月18日発売)で、
”ガチプロ”目指しやり込む予定。
長野県出身で現在は東京都在住。

ネーミングは…
トレードの世界が常に
「グレーゾーン」であることに由来。

灰色で曖昧な相場の世界を
如何に根拠ある形で明確化していくのか?
これが最大のテーマ。

モットー(信条)は、、、

「極力裁量を加えない事が、最高の裁量判断」

ポートフォリオの概念を
積極的に取り入れることで、
収入源のリスク分散化に成功する。

収益の柱となり得る"資産"を形成すべく、
ネットビジネスにも積極的に着手。

依存せずに好きにハマって
人生を満喫する”生き様”を提案している。

プロトレーダーとして活動する傍ら、
現在、パチプロ、マーケッター、
インタベンショニストとしても活躍中。

      サイト運営者:モノクローム


     【人生のインタベンショニスト】



        ⇒上の猫は何者?

無料メルマガ

悩み、相談、気軽にお問い合わせを。

独自商材検証


圧倒的な破壊力を秘めた裏技


特集記事











ピックアップ記事

  1. 今日は、俺がFXを本格的に学ぶ上で、まず最初に読んだ専門書を紹介する。伝説のトレーダ…
  2. さて、前回の記事で、初めて人様の無料メルマガを紹介してみたところ、、、↓↓↓この…
  3. さて、前回は「俯瞰的な視点」から物事を見て、「抽象度を上げる」という概念そのものが如…