公営ギャンブルの控除率を一覧で比較すると最も高いのは宝くじ

takarakuji

競馬や競輪、競艇、パチンコ、宝くじ…。

日本には沢山のギャンブルが存在するわけだが、
あなたはそれぞれの控除率を一覧で把握しているだろうか?

公営ギャンブルには必ず胴元が存在する。

胴元は慈善事業でやっているわけではなく、
あくまで金を稼ぐことが目的だ。

そして、その胴元の稼ぎは
参加者の賭け金から出ている。

スポンサーリンク

控除率とは、その胴元がギャンブル参加者から
搾取する手数料…

要は、取り分の比率を表すものだ。

例えば、
日本で最もポピュラーな人気を誇る宝くじ。

誰もが億万長者を夢見て、
一度や二度は買ったことがあるだろう。

実は、宝くじの控除率というのは、
他と比較しても日本のギャンブルの中で最も高く、約50%〜60%とされている。

博打のイメージが強い競馬や競艇でさえ、
約25%なのだからいかにボッタくっているかがわかる。

1度控除率の観点から宝くじを見てしまうと、
バカバカしくて2度と買う気が起きない。

もし買うとしても、一等賞金1億円程度では、
まったく割に合わない。

海外のように、賞金の額が青天井に
キャリーオーバーしていけば、
まだ魅力はあるのだが。。。

現状では、単に情弱から公に税金をむしり取る為
だけの便利な搾取装置に過ぎない。

胴元は絶対に負けない仕組みに
なっているのだから、これほど安定したビジネスモデルは他にない。

ギャンブルというのは、
胴元の手数料が高ければ高いほど参加者が勝ちづらい。


スポンサーリンク

こういった仕組みを理解して割り切った上で、
一喜一憂するのは自由だ。

だが、全く控除率というものを知らずに
ギャンブルに手を出すというのは、愚か過ぎると言うほかない。

お祭り騒ぎをして楽しむイベント料と割り切るなら高くはない。

俺も付き合いで馬券を買ったり、
宝くじを買ったりぐらいはする。

だが、本気で金を増やしたいのなら、
こんな余興に時間を費やすのはムダだ。

もっと率先してやるべきことは他にある。

限りある時間とお金は大切に…。





スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
モノクローム

モノクローム人生のインタベンショニスト

投稿者の過去記事

1979年生まれ。血液型O型。
格闘ゲーム(ストⅡシリーズ)が趣味。
ストV(2016年2月18日発売)で、
”ガチプロ”目指しやり込む予定。
長野県出身で現在は東京都在住。

ネーミングは…
トレードの世界が常に
「グレーゾーン」であることに由来。

灰色で曖昧な相場の世界を
如何に根拠ある形で明確化していくのか?
これが最大のテーマ。

モットー(信条)は、、、

「極力裁量を加えない事が、最高の裁量判断」

ポートフォリオの概念を
積極的に取り入れることで、
収入源のリスク分散化に成功する。

収益の柱となり得る"資産"を形成すべく、
ネットビジネスにも積極的に着手。

依存せずに好きにハマって
人生を満喫する”生き様”を提案している。

プロトレーダーとして活動する傍ら、
現在、パチプロ、マーケッター、
インタベンショニストとしても活躍中。

      サイト運営者:モノクローム


     【人生のインタベンショニスト】



        ⇒上の猫は何者?

無料メルマガ

悩み、相談、気軽にお問い合わせを。

独自商材検証


圧倒的な破壊力を秘めた裏技


特集記事











ピックアップ記事

  1. 久々にインフォトップの投資系ランキングを覗いてみたんだが…多いね〜!売買シグナル系商材。…
  2. さて、前回は「俯瞰的な視点」から物事を見て、「抽象度を上げる」という概念そのものが如…
  3. 今日は、俺にしては珍しく、人様の商材のレビュー(感想)をお届け。…といっても、中…