コンビニのセルフコーヒーサービスで機械のボタン操作を間違えると…

coffee

最近のコンビニは、本当にスゴイ。

真の意味で便利になった。

とにかく何でも取り扱っているし、
大体のことはコンビニに駆け込めば、
事足りてしまう。

対応業務が多岐にわたりすぎて、
店員は忙しくなる一方なのが気掛かりだが…

消費者からすらば、
もはや日常生活に欠かせない存在となった。

スポンサーリンク

最近は、本格的な挽きたてコーヒーをはじめ、
あま~いドーナッツまで登場。

コーヒー好きとしては、
選択肢が増えて嬉しい限りだ。

さて、最近どのコンビニでも増えてきた
このセルフコーヒーサービス。

流れとしては…

レジで注文・会計
     ↓
アイスなら《氷入り》
ホットなら《空》
の紙カップを受け取る
     ↓
自分で機械を操作して
コーヒーを入れる

この手順が一般的。

店舗によっては、説明が何も
書いてなかったりするので、
初めて注文する人にとっては、
なかなか敷居が高い(笑)

新しいサービスへの適応度が高い若者は
問題ないだろうが、、、

高齢者などはもうお手上げ状態だろう。

自分も忙しい店員さんに変わって、
ご老人にコーヒーを入れて差し上げたことがある。(笑)

さて、ここで一つある疑問が。

「もし、ボタンを間違えて
押しちゃったりしたら、どうなるんだろう?」

早速調べてみた。

結果は…

店舗によって異なるものの、
故意の失敗でなければ、基本的には
入れ直してもらって大丈夫らしい。

実に素晴らしいサービス精神だ。

ちなみに、もしRサイズの紙カップに対して、
うっかりLサイズのボタンを押してしまっても、
ギリギリ入るらしい。(笑)
↑(セブンイレブンのみ)


スポンサーリンク

逆にLサイズの紙カップに対して、
間違ってRサイズを一回押してしまっても…
もう一度Rサイズを押せば、
Lサイズと同じ量になるとのこと。
↑(セブンイレブンのみ)

セルフである以上、
うっかり押し間違えるのは避けられない。

結構頻発すれば、
売り上げにも影響してきそうなものだが……。

どうやら追加料金を払わなくてよい秘密は、
紙カップ自体にあるようだ。

缶ジュースなんかと一緒で、
コーヒーより紙カップの方が単価が高い模様。

商いの裏側は実に奥が深い…。

さて、なんだか無性にコーヒーが
飲みたくなってきた。

ちょっとコンビニ行ってくるわ(笑)





スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
モノクローム

モノクローム人生のインタベンショニスト

投稿者の過去記事

1979年生まれ。血液型O型。
格闘ゲーム(ストⅡシリーズ)が趣味。
ストV(2016年2月18日発売)で、
”ガチプロ”目指しやり込む予定。
長野県出身で現在は東京都在住。

ネーミングは…
トレードの世界が常に
「グレーゾーン」であることに由来。

灰色で曖昧な相場の世界を
如何に根拠ある形で明確化していくのか?
これが最大のテーマ。

モットー(信条)は、、、

「極力裁量を加えない事が、最高の裁量判断」

ポートフォリオの概念を
積極的に取り入れることで、
収入源のリスク分散化に成功する。

収益の柱となり得る"資産"を形成すべく、
ネットビジネスにも積極的に着手。

依存せずに好きにハマって
人生を満喫する”生き様”を提案している。

プロトレーダーとして活動する傍ら、
現在、パチプロ、マーケッター、
インタベンショニストとしても活躍中。

      サイト運営者:モノクローム


     【人生のインタベンショニスト】



        ⇒上の猫は何者?

無料メルマガ

悩み、相談、気軽にお問い合わせを。

独自商材検証


圧倒的な破壊力を秘めた裏技


特集記事











ピックアップ記事

  1. 先日、統計競馬に関する記事を書いたところ、思いのほか反響があったので、俺自身ちょっとビッ…
  2. 今日はいきなりド直球!俺が最近、ハマっているメルマガをご紹介。あ、メルマガっつっ…
  3. 今日は、俺がFXを本格的に学ぶ上で、まず最初に読んだ専門書を紹介する。伝説のトレーダ…