人生の期待値を高めるために…

time

何かを始める時、人は「もう既に遅い」とか
「手遅れだ」という理由で、取り組むのを諦める
場合が多い。

よく自己啓発の本では、
『取り組むのに「遅すぎる」と言うことはない』
と強調されている。

「今からでも遅くはない」

これは果たして本当なのだろうか?

スポンサーリンク

エピソードとしてよく知られているのは、
62歳にしてケンタッキーフライドチキンで起業し、
成功者の仲間入りをしたカーネルサンダース。

これまでの人生で何をやっても報われなかった彼が、
晩年で成功を掴んだのは有名な話。

何歳になってからでも夢は叶えられる。

これは真実だ。

だが、これをそのまま間に受けてはいけない。

なぜなら、この成功例は極々まれなケース。
その陰には、夢半ばで倒れていった、数多の敗者達が
居たことを忘れてはならない。

カーネルサンダースが
後世に名を残せたのは他でもなく、
結果を残したから。

結果を残すためにはチャンスを掴む必要がある。

しかし、そのチャンスを掴むための機会というのは、
時が経てば経つほど出会う可能性が減っていく。

人には寿命がある。
いつまでも生きてはいられないのだから、
自ずとタイムリミットが存在する。

もし人生に期待値という概念があるとすれば、
若ければ若いほどその値は高いことになる。

実力は同じでも、20歳の人と40歳の人とでは、
社会的な見方が大きく変わる。

熱意や能力は同じでも、体力面や待遇面を考慮し、
優遇されるのは若者なのは周知の事実。

若ければ若いほど人生の期待値は高い。


スポンサーリンク

若い時には少し無理をしてでも、
リスクを背負ってチャレンジする価値がある。

諦めずにやり続ければ
必ず成就する可能性がある一方で、
達成するための難易度は確実に歳と共に上がっていく。

人生の勝ち組になるためには、
出来るだけ早く実力を身につけて、
チャンスを与えられる機会を増やすことが必要だ。

「あの時しっかり働いておけばよかった…」

晩年にそう後悔しないように、
今スグ自分に厳しく問いかけて欲しい。

「今やるべき事は何か?」…と。





スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
モノクローム

モノクローム人生のインタベンショニスト

投稿者の過去記事

1979年生まれ。血液型O型。
格闘ゲーム(ストⅡシリーズ)が趣味。
ストV(2016年2月18日発売)で、
”ガチプロ”目指しやり込む予定。
長野県出身で現在は東京都在住。

ネーミングは…
トレードの世界が常に
「グレーゾーン」であることに由来。

灰色で曖昧な相場の世界を
如何に根拠ある形で明確化していくのか?
これが最大のテーマ。

モットー(信条)は、、、

「極力裁量を加えない事が、最高の裁量判断」

ポートフォリオの概念を
積極的に取り入れることで、
収入源のリスク分散化に成功する。

収益の柱となり得る"資産"を形成すべく、
ネットビジネスにも積極的に着手。

依存せずに好きにハマって
人生を満喫する”生き様”を提案している。

プロトレーダーとして活動する傍ら、
現在、パチプロ、マーケッター、
インタベンショニストとしても活躍中。

      サイト運営者:モノクローム


     【人生のインタベンショニスト】



        ⇒上の猫は何者?

無料メルマガ

悩み、相談、気軽にお問い合わせを。

独自商材検証


圧倒的な破壊力を秘めた裏技


特集記事











ピックアップ記事

  1. 先日、統計競馬に関する記事を書いたところ、思いのほか反響があったので、俺自身ちょっとビッ…
  2. インターネットビジネスマニフェスト完全版は、起業家や経営者、個人事業主をはじめ、独立…
  3. いきなりだが、あなたに質問。「あなたは自分自身がどういう人間なのか、 自信をもっ…