【駄文】思い出補正のかかった甘酸っぱい青春物語 by 返報性エピソード

heart

前回はこちらの記事で、
「返報性」について軽く触れてみた。

振り返れば俺も、
過去にこんな「お返し」を続けたことがあったっけな〜。

今日は、そんな事例エピソードとして、
俺の昔話を駄文で書いてみる。

ちょっだけ長くなっちまうけど…
甘酸っぱい青春のお話を少し。(笑)

 

それは、俺がまだ小学1年生の
鼻タレ小僧だった頃の話し。

当時の俺には、同級生に幼馴染の女の子がいた。

控えめではあるが、
非常に小柄な可愛らしい子で、
ピアノを習っていて、コンクールでも
賞をもらうようなアイドル的な存在だった。

近所に住んでいて家は近いのだが、
いかんせんそこは小学生の男子と女子。

共通の話題や趣味があるわけもなく、
親同士が会話するぐらいで、
本人同士はあまり遊ぶ機会もなかった。

 

結局あまり仲良くすることもなく、
顔は知ってるけど…みたいな
よくある微妙な関係に。笑

すれ違う度にお互い意識はするものの、
なかなか声がかけられない。

 

しばらくはそんな距離感の日々が続いた。

まあ、でも他にも遊んでくれる男子は沢山いたし、
そのうち大して気にも留めなくなっていった。

 

時は過ぎ…2年生となった俺は、
ある日、いつもと変わらず家でくつろぎながら、
鼻をホジホジしていた。(笑)

そんな折、突然鳴った「呼鈴」が静寂を破る。

『ピンポ〜ン』

……。

親が不在で誰も出ない。

『ピンポ〜ン』

再び鳴る呼鈴。
仕方なく出る俺。

 

渋々ドアを開け、
舌打ちしながら顔を上げると、

そこには…

 

幼馴染の女の子の姿があった。

 

小さな手には、
綺麗にラッピングされたプレゼントが1つ。

そこには、なんと『チョコレート』の5文字が。


スポンサーリンク

 

そう、今日はバレンタインデーだったのだ!

学校ではなく、わざわざ手渡しで家まで
直接届けてくれた彼女の姿を見た途端、
背後に後光が差していたのを今でも思い出す。(涙)

小躍りするほどの喜びと興奮を必死で抑え、
冷静を装ったのは言うまでもない。(汗)

その後、俺は幼くして「返報性」の原理に触発され
(もちろん単に好きなだけw)、
中学に上がるまで、5年間にわたり
お互いに直接チョコを渡し合うという、
なんともドラマチックなやり取りを繰り返す事となる。

うーん、甘い…実にあま〜い物語。

 

完。

 

…って、なんだコレ。

どうしてこうなった!?

「返報性」の3文字を説明するつもりが、、、
ついつい……ぐぬぬ

まぁ、優しい読者さんのことだから、
華麗にフィクションとして忘れ去ってくれることだろう。

うん、ぜひそうしてね!(祈)

いや、そうしなさい!!(強)

…てぇことで、今日はここまで。

たまにはこんな駄文も気分転換にはイイよね!
じゃあ、また!^o^/





スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
モノクローム

モノクローム人生のインタベンショニスト

投稿者の過去記事

1979年生まれ。血液型O型。
格闘ゲーム(ストⅡシリーズ)が趣味。
ストV(2016年2月18日発売)で、
”ガチプロ”目指しやり込む予定。
長野県出身で現在は東京都在住。

ネーミングは…
トレードの世界が常に
「グレーゾーン」であることに由来。

灰色で曖昧な相場の世界を
如何に根拠ある形で明確化していくのか?
これが最大のテーマ。

モットー(信条)は、、、

「極力裁量を加えない事が、最高の裁量判断」

ポートフォリオの概念を
積極的に取り入れることで、
収入源のリスク分散化に成功する。

収益の柱となり得る"資産"を形成すべく、
ネットビジネスにも積極的に着手。

依存せずに好きにハマって
人生を満喫する”生き様”を提案している。

プロトレーダーとして活動する傍ら、
現在、パチプロ、マーケッター、
インタベンショニストとしても活躍中。

      サイト運営者:モノクローム


     【人生のインタベンショニスト】



        ⇒上の猫は何者?

無料メルマガ

悩み、相談、気軽にお問い合わせを。

独自商材検証


圧倒的な破壊力を秘めた裏技


特集記事











ピックアップ記事

  1. インターネットビジネスマニフェスト完全版は、起業家や経営者、個人事業主をはじめ、独立…
  2. いきなりだが、あなたに質問。「あなたは自分自身がどういう人間なのか、 自信をもっ…
  3. 久々にインフォトップの投資系ランキングを覗いてみたんだが…多いね〜!売買シグナル系商材。…