パチプロでも負ける方法!?1パチや4円パチンコに必勝法はないが必敗法は存在する話

you-win

この世の中には、
“必勝法”なるものは存在しないが、
“必敗法”なら確実に存在する。

ギャンブルの世界においては特に顕著で、
一定数のプレイ後に【控除率+手数料】分を
差し引いた上で、手元にお金が残らなければ…

それは完全なる「敗北」を意味する。

スポンサーリンク

もしあなたが、
必死で毎日パチンコに精を出しているのに、
気づけば軍資金が減っている……。

期待値稼働もしているし、
玉単価もある程度は取れているのに、
それでも財布の中身が一向に増えていかない……。

こんな状態がずっと続くようであれば、
もしかしたら、あなたは無意識の内に、
この“必敗法”の罠にハマってしまっている
のかもしれない。

1パチ4円を問わず、
例えパチプロを持ってしても
決して逃れられないパチ屋の呪縛…

パチンコにおける唯一無二の”必敗法”…

それは、、、

現金投資でプレイし続けること。

今日はこの愚行が、
如何にバカげた行為であるかを解説する。

恐怖の換金ギャップ

パチンコというのは、玉を増やす遊戯だ。
玉が多ければ多いほど、利益が出ている証拠でもある。

だが、いくら玉が増えても、
やはりそのままでは、所詮は単なる”銀の玉”。

増えゆく貯玉数字を眺めてニヤニヤしたり、
食べ物や家電などの景品に交換するのも
悪くはないが、やはり現金化するのが
最も一般的だろう。

専業のパチプロなんかにしてみたら、
金にならなければ、そもそも食っていけないし、
現金化はどうしても避けては通れない。

まぁいづれにしても、
必ずどこかのタイミングで
誰もが換金せざるを得ないのである。

そこで考えなければならないのが、
いわゆる換金ギャップと呼ばれるもの。
手数料の問題だ。

パチンコでは、店ごとに
必ず交換レートが設定されている。

客側は、換金しようと思ったら、
必ずこの交換レートに従って、
その都度一定の手数料を店側に支払うことになる。

パチンコ屋(胴元)は、
この【手数料と控除率】分の利益を
俺たちからふんだくって
安定した利益を得ている。

普段は「手数料」を気にしてるのに・・・

ちょっと考えてみて欲しいんだが…

例えばあなたがコンビニのATMで、
今月の給料を引き出そうとしているとする。

その銀行では、1回引き出す度に、
200円の手数料が取られるシステムだ。

あなたは毎日、財布の中身が空になる度に、
その都度1000円ずつ引き出すだろうか?

まぁ、普通はまずやらない。
手数料がかかると分かっていたら、
必ずある程度まとめて引き出すはずだ。

最近は手数料が無料のATMだってあるわけで…
毎日わざわざこんな馬鹿げた行為を
繰り返す奴なんてそうそういない。

だが…これをおくびにも出さず、
無意識にやってしまうのがギャンブルの”恐ろしさ”なのである。

なんとなく、なんとなーく
湯水のごとく吸い込まれていくお札たち。


スポンサーリンク

酷い人であれば、
持ち玉があったとしても、現金投資したりする。

勝つ為に打っているのに、
負ける為の行動を愚直に繰り返す。

情弱、負け組の典型である。

パチンコでの現金投資は、
まさに金をドブに捨てているようなもの。

パチンコ入門者や初心者であればあるほど、
こうした点を見て見ぬ振りをする傾向が強いが、
この換金ギャップが収支に与える影響は、
実は驚くほど強烈だ。

はっきり言って、低換金の店では、
よっぽどの期待値を取らない限り、
簡単に優位性が吹き飛んでしまう。

だから、貯玉出来ない店であったり、
初めて訪れる店では、それだけで相当不利。

現金投資が避けられない以上、
その間は、相当アンフェアな戦いを
強いられると思った方が良い。

 

まとめ

以前は結構、等価交換(換金ギャップなし)の
お店もあったわけだが、、、

最近は等価禁止の動きが、
全国的に広がりを見せていて、
都内では条例の規制により、
完全に等価の店が消えてなくなった。

これにより、どこで打っても
換金時には必ず手数料が取られるので、
俺たち客側ができることと言えば、、、

とにかく現金での投資金額を抑え、
なるべく持ち玉での稼働比率を増やすこと。

再度訪れる可能性があるお店であれば、
必ず貯玉し、無駄なお布施をしないこと。

これが最も大事。

試行回数が増えれば増えるほど
収支が理論値に収束していくパチンコでは、
この小さな積み重ねの影響が計り知れない。

期待値ももちろん大事だが、
それに付随する根本的なルールや知識を
身につけるのも、これまた大切なこと。

せっかく真剣にパチンコに向き合うのであれば、
ぜひこうした予備知識も積極的にインストールしていこう。





スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
モノクローム

モノクローム人生のインタベンショニスト

投稿者の過去記事

1979年生まれ。血液型O型。
格闘ゲーム(ストⅡシリーズ)が趣味。
ストV(2016年2月18日発売)で、
”ガチプロ”目指しやり込む予定。
長野県出身で現在は東京都在住。

ネーミングは…
トレードの世界が常に
「グレーゾーン」であることに由来。

灰色で曖昧な相場の世界を
如何に根拠ある形で明確化していくのか?
これが最大のテーマ。

モットー(信条)は、、、

「極力裁量を加えない事が、最高の裁量判断」

ポートフォリオの概念を
積極的に取り入れることで、
収入源のリスク分散化に成功する。

収益の柱となり得る"資産"を形成すべく、
ネットビジネスにも積極的に着手。

依存せずに好きにハマって
人生を満喫する”生き様”を提案している。

プロトレーダーとして活動する傍ら、
現在、パチプロ、マーケッター、
インタベンショニストとしても活躍中。

      サイト運営者:モノクローム


     【人生のインタベンショニスト】



        ⇒上の猫は何者?

無料メルマガ

悩み、相談、気軽にお問い合わせを。

独自商材検証


圧倒的な破壊力を秘めた裏技


特集記事











ピックアップ記事

  1. 先日、統計競馬に関する記事を書いたところ、思いのほか反響があったので、俺自身ちょっとビッ…
  2. 最近、投資系ブログやメルマガで、盛んに紹介されていた無料オファーがあったので、試しに…
  3. 今日は、俺がFXを本格的に学ぶ上で、まず最初に読んだ専門書を紹介する。伝説のトレーダ…