不条理な競争社会を生き抜く戦略

risoujinsei1

人生に正解はあるのだろうか?
以前オレは、ことあるごとに自分の過去を振り返り、
その選択の妥当性を考えていた。

「もしあの時、あっちの道を選んでいたら、
今頃全く違う自分だったんじゃ……」

今の自分に物足りなさを感じた時、
人はよくこういった妄想にふける。

スポンサーリンク

昔、フジテレビで「if もしも」という
1話完結形式のドラマがあったのを思い出す。

ストーリーテラーはタモリで、
物語中に2つの選択肢が出現。

それぞれを選択した後の結末を覗いてみる
という斬新なドラマだった。

この中で描かれる運命の分かれ道は、
重大な決断から、とるに足りない選択まで。

それはない…と思う選択肢が実は正解だったり、
どちらを選んでも悲惨な運命が待っていたり…
人生というものを上手く画いていた。

「何をすればいいか、わからない」

人生の迷子になり、自分探しなんかをする人は、
よくこういった不満を口にする。

俺も職を失い、希望を見出せない時は、
まさにこんな状態が続いた。

世の中には、常に先を見越して、
不安が限りなくゼロにならない限り
身動きの取れない人間が山ほど存在する。

だがこれは、
「先が見えないから、
誰か俺の未来をハッキリ教えてくれ」
こう言っているのとなんら変わらない。

自分自身ですら想像できない将来像…
ましてそれが他人にわかりえるはずもない。

そもそも自分も含め、何をすべきか
100%明確にわかっている人などいやしない。

「絶対にコレ!」と情熱を燃やす人間も、
それはその人が信じているだけであって、
正解というわけではない。

それは「正解」ではなく「信念」。

この世の中には100%
『絶対』何て物事は存在しないのだ。


スポンサーリンク

今まで上手くいっていたから、
次も上手くいくとは限らない。

それは、有名なスポーツ選手であろうと、
大企業であろうと変わらない。

先が見えない不安は、例外なく誰もが抱えている。

未来が見えるのは、ホラ吹きの霊媒師か
詐欺に長けた占い師ぐらいのもの。

「わからなくても、やってみるしかない」

不安定で満ち満ちた現代社会では、
確証のない勝負に常に追われる。

不条理な資本主義の競争社会を生き抜くには、
戦略が必要だ。

常勝は無理でも、7勝3敗ぐらいで丁度いい。

成功の確率を意図的に高めていく
生き方や考え方がある。

今後も、そんな役立つ生きざまを
伝えていこうと思う。





スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
モノクローム

モノクローム人生のインタベンショニスト

投稿者の過去記事

1979年生まれ。血液型O型。
格闘ゲーム(ストⅡシリーズ)が趣味。
ストV(2016年2月18日発売)で、
”ガチプロ”目指しやり込む予定。
長野県出身で現在は東京都在住。

ネーミングは…
トレードの世界が常に
「グレーゾーン」であることに由来。

灰色で曖昧な相場の世界を
如何に根拠ある形で明確化していくのか?
これが最大のテーマ。

モットー(信条)は、、、

「極力裁量を加えない事が、最高の裁量判断」

ポートフォリオの概念を
積極的に取り入れることで、
収入源のリスク分散化に成功する。

収益の柱となり得る"資産"を形成すべく、
ネットビジネスにも積極的に着手。

依存せずに好きにハマって
人生を満喫する”生き様”を提案している。

プロトレーダーとして活動する傍ら、
現在、パチプロ、マーケッター、
インタベンショニストとしても活躍中。

      サイト運営者:モノクローム


     【人生のインタベンショニスト】



        ⇒上の猫は何者?

無料メルマガ

悩み、相談、気軽にお問い合わせを。

独自商材検証


圧倒的な破壊力を秘めた裏技


特集記事











ピックアップ記事

  1. さて、前回は「俯瞰的な視点」から物事を見て、「抽象度を上げる」という概念そのものが如…
  2. いきなりだが、あなたに質問。「あなたは自分自身がどういう人間なのか、 自信をもっ…
  3. さて、今年も法人としては恒例の多忙な年度末が過ぎ去った。決して暇になるわけではな…