「直近偏向」を学べ!過去の統計的データ(平均気温)を活用してトレードの認知バイアスを回避する方法

スポンサーリンク

 

いやー、暑いね!
とにもかくにも、本当に…暑い。

いつまで続く、この酷暑…。

今年の夏は、
ずーっとこんな感じなのだろうか…

まぁとはいえ、俺は普段から、
基本屋内ワークがメインなんで、
猛烈な暑さは、それほど感じてはいなかったんだがw

最近はブログを書いたり、
FX手法のデータ検証をしたりして、
すっかり屋内に引きこもっていた。

ただ、それによって
身体はすこぶる鈍ってしまった。

なんかこうダルいんだよね。。
身体にキレが出ないというか。

これでは逆に頭も働かない。
心と身体は二つで一つだからなぁ。

というわけで、
ちょっくら散歩がてら、
外に出てみたわけだけど、、、

 

無理。

 

直射日光に当たると、
体が溶け出しそうなレベル(笑)

 

…死にたくない。

 

ということで、早速、踵を返して
いそいそとクーラーの利いた部屋に逃げ帰ることを決意w

せっかくなので、これを機に、
この暑さが気のせいなのかどうか、
過去データで客観的な傾向を調べてみる。笑
↓ ↓ ↓

これを見ると…
どうやらここ最近の暑さは気のせいなんかじゃなく、
昔よりも確実に気温が上昇しているようだ。。

それも、上記データ(2012年当時)と
今年を比較してみても、現在は、更に平均気温が上がっている模様。

こうも暑い日が続くと、
永遠にずっと気温が下がらないんじゃなか!?
今世紀最強の熱波なんじゃないか!?
とまで思ったりもする。

…とまぁ、実際、こういう傾向って、
人が無意識のうちに感じとる事なんだけど…

実は、そうした直観っていうのは、
大体間違っていて、気のせいであることが多いんだよね。

今回は、たまたま明確なエビデンス
(証拠)の裏付けがとれたわけだが、、、

実際、人が直観で感じることを、
客観的なデータで検証してみると、
それほど、顕著に違いが見出せなかったりする。


スポンサーリンク

で、これって、相場用語で言うと…
実は、「直近偏向」といって、
人間誰しもが持っている、認知の歪みの一つなのだ。

直近偏向とは、
過去の膨大なデータによる統計結果よりも、
つい最近の結果の方を重要視してしまうこと。

例えば勝率7割の手法でトレードしていて、
直近のトレードで3連敗してしまったら、
「この手法はもう期限切れだ!」と決めつけることだね。

人間である以上、
どうしても認知の歪みに陥るのだが、
確率論的思考のトレーニングをしたら、
3連敗した位では、大きな精神の乱れにはならない。

1回1回のトレードの結果で
一喜一憂する必要は全くない。

大切なのは、
トレードを100回、200回と続けたときに
しっかりと利益が出ていること。

これを忘れなければ、
ルールに則ったトレードが、
確実に出来るようになる。

それを理解するためにも、
今回例に出した…「直近偏向」という認知バイアス。

直観を重視する「裁量トレーダー」の方は、
特に意識して、自分の行動を振り返ってみて欲しい。





スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
モノクローム

モノクローム人生のインタベンショニスト

投稿者の過去記事

1979年生まれ。血液型O型。
格闘ゲーム(ストⅡシリーズ)が趣味。
ストV(2016年2月18日発売)で、
”ガチプロ”目指しやり込む予定。
長野県出身で現在は東京都在住。

ネーミングは…
トレードの世界が常に
「グレーゾーン」であることに由来。

灰色で曖昧な相場の世界を
如何に根拠ある形で明確化していくのか?
これが最大のテーマ。

モットー(信条)は、、、

「極力裁量を加えない事が、最高の裁量判断」

ポートフォリオの概念を
積極的に取り入れることで、
収入源のリスク分散化に成功する。

収益の柱となり得る"資産"を形成すべく、
ネットビジネスにも積極的に着手。

依存せずに好きにハマって
人生を満喫する”生き様”を提案している。

プロトレーダーとして活動する傍ら、
現在、パチプロ、マーケッター、
インタベンショニストとしても活躍中。

      サイト運営者:モノクローム


     【人生のインタベンショニスト】



        ⇒上の猫は何者?

無料メルマガ

悩み、相談、気軽にお問い合わせを。

独自商材検証


圧倒的な破壊力を秘めた裏技


特集記事











ピックアップ記事

  1. いきなりだが、あなたに質問。「あなたは自分自身がどういう人間なのか、 自信をもっ…
  2. 先日、統計競馬に関する記事を書いたところ、思いのほか反響があったので、俺自身ちょっとビッ…
  3. さて、前回までの記事では、「抽象度を上げる」ことによって、自分の中にある「枠」みたい…