宝くじに1億円をつぎ込み一文無しに…借金を断られ放火した男のギャンブル人生

スポンサーリンク

 

ニュースを見ていたら、
中国で非常に面白い事件があったようなので、ネタにしてみる。

事を起こしたのは、
中国人の男性。

詳細は、長々と
語るほどのものでもないので、引用をペタリ。

スポンサーリンク

中国上海市で、2010年から2017年末までの7年間に600万元(約1億円)もの大金を宝くじにつぎ込んだ
中年男性が文無しになったことが明らかになった。男は親戚からも見放された挙げ句、
宝くじ売り場の店主に借金を申し込んだところ断れたことから、逆上して売り場に放火し逮捕された。

男は宝くじにはまって、病みつきになり、1回に2万元(約34万円)もの金を宝くじをつぎ込むようになった。
ある時、100万元(約1700万円)もの賞金の当たりくじを引き当てたが、誰にも言わずに、この金でまた宝くじを買って、すっからかんになってしまった。

しかし、彼は宝くじを当てた快感が忘れられなくなり、自宅のマンションも売って、
それで得た金を再びすべて宝くじにつぎ込んだものの、文無しに。

その後、親戚から借金して宝くじを買うようになったが、あまりに頻繁の借金の催促に親戚も徐を避けるようになり、
誰も徐を相手にしなくなった。会社の同僚からの借金も返せなくなり、給料もすべて借金の支払いに回されるなど、徐は会社も辞めてしまった。

それでも、徐は宝くじの魅力から離れられず、なじみの宝くじ売り場の店主らから金を借りるようになったが、
結局、見放されて誰も金を貸さないように。すると、徐は昨年末、ペットボトルに可燃性のアルコールを入れて、
売り場に火を放ち、逮捕されてしまったという。

男は現在、裁判を待つ身で、彼の姿は典型的な宝くじ中毒患者の末路そのものといえそうだ。

まあ、簡単に言えば…

宝くじにハマった冴えないオッサンが、
大金欲しさに目がくらみ、とち狂って
全財産をギャンブルに注ぎ込んだ挙句、
自暴自棄&責任転嫁して放火した話なんだが…

いやー、中国は広いね(笑)
やはり人口14億人は伊達じゃあない!

キチガイのスケール感が違う!笑

こういう極端な珍ニュースって、
ソースを辿ると、大抵中国だったりするよね。

俺は比較的、
どんな思考や思想も柔軟に受け入れる方だけど…

それでもやはり、
このおっさんとは友達にはなれそうもない(笑)

人間色んな奴がいるし、

価値観はホント人それぞれだけど、
自分の責任を棚に上げて、他人や社会に責任転嫁するのだけはマジ勘弁。

どうかお願いだから、
何事も人様に迷惑をかけない範囲でやってくれ…
ひっそりと人生を全うしてくれ…いやホント。

行き過ぎた利己主義と自己正当化は、
完全にいかれた信仰宗教やテロリストと変わらない。

全く同じ主張と手口だ。

日本でもそうだが、放火はかなりの重罪。

このおっさんの人生は、
残念ながらきっとここで終止符が打たれることになるのだろう。。。

宝くじに全てを捧げた人生…。

うーん…虚しい。

…と、まぁここまでは比較的よくある話で、
極端なギャンブル中毒や依存症を鼻で笑ってしまった人も多いかもしれない。

「しょうもないない奴だな…」
「これだから中国人は…」

ってな具合に。

確かに同情の余地は見当たらない、、、

が、これって本当に
単に民度が低いから起こった事件なんだろうか?

本当に対岸の火事的な、
非日常的な出来事なんだろうか??

で、今日の本題はここから。

実は今回、わざわざ
こんなしょうもない事件を取り上げたのには理由がある。

それは、このオッサンが、
俺にはどうしても周りにいる日本人と重なって見えるからだ。

変わらないようにしか思えないのだ。

こういうニュースを見て、とっさに

「バカな奴!」
「ありえないわー!」

てな事を吐き捨てるのは簡単だ。

だが、そう言う輩に限って、
自分の行為が意外と客観的に見れていなかったりする。

少なくても俺の周りにいる
普通の日本人のオッサンは、
本人が自覚しているかどうかは別としても、
完全にこの中国人と同じ思考回路だ。

JRA(中央競馬)しかり、
競艇しかり、パチンコしかり、、、

そこに群がるオッサン達は…


スポンサーリンク

・期待値がマイナスのギャンブルに平気で手を出し…
・自分だけは違う!特別!と都合よく正当化して…
・確率の収束、控除率に目を瞑り…
・いつか大金が掴めると夢を馳せる…

まぁ、口だけは達者な日本人のおっさんは、
チキンハートが多いので、放火まではしないだろうが…

社会に対する反発と愚痴、
思考回路自体は、この中国人のオッサンと全く変わらない。

いや、むしろそれ以上に酷い。

悲しきかなこれが現実だ。

そしてさらに今回のケースで、
特に俺が残念に思ったのは、
奇跡とはいえ、たしかに一度は、
運を引き寄せた瞬間があったことなんだよね。

1700万もプラスに転じたタイミングが、
実際にあったわけだ。

還元率が余りにも低く、
購入枚数が増えれば増えるほど、
最初から負け戦が決まっている
完全出来レースの宝くじにおいて、
勝つ可能性が多少なりとも存在するのは、
この勝ち逃げのタイミングが訪れた時だけなのに…

二度と訪れることのない
千載一遇のチャンスを、不意に逃して台無しに…

これじゃあどれだけ運に恵まれても、
絶対に勝てやしない。

まぁこれは別に宝くじじゃなくても、
本質を知らなければ、何をやらせても
永遠に上手くいくことはないだろう。

この中国人のおっさんは、
塀の中で一生…

「あの時、儲かった時点で辞めておけば…今頃は…」

という後悔と妄想の中で生きてくんだろうなぁ…。

まぁ、確率論的な思考が無いと、
勝ち逃げだなん発想自体、
永遠に選択肢にすら上がらないないわけだが。

やっぱさぁ、
前々から言い続けてはいるけど…

人生逆転したいなら、
宝くじだけは辞めとこうぜ!

貧乏人が買うだけで参加できる
参入障壁の低さで一攫千金狙おうなんて、
今時の小学生でも無理ゲー、都合が良過ぎるって事は知ってる。笑

大の大人が、そんな幼稚園児のような
稚拙な妄想に夢を馳せるんじゃなくて、
少しでも自分の脳みそ使って考えようぜ!

この世の中は、
確かに論理で説明できないもの、
予測が難しいものは存在する。

だがそれ以上に、
実は多くの人は知らないだけで、
既に科学的に立証されていることも同じくらい存在する。

・大数の法則
・直近偏向
・控除率
・期待値

それらを活かさない、活かせないのは、
単に無知で知らないだけに過ぎない。

それがわかれば、
「ギャンブル」というのは、
本人の努力次第で、
いくらでも「投資」に変わる。

情報弱者を自覚して開き直るんじゃあなく、
ぜひ自ら情報を取りに行って、
頭を使って、人生の選択肢を増やして行ってほしい。

P.S
因みに世界各国の
宝くじ還元率を調べてみたら、中国の還元率は50%強くらい。

日本よりは若干ながらマシなレベル。

当然、恐ろしくバカらしくて、
一枚たりとも買う気にならない…。

※参考記事
公営ギャンブルの控除率を一覧で比較すると最も高いのは宝くじ

やはり宝くじは全世界共通、
娯楽としては楽しいが、人生を掛けて取り組むには、あまりに不向き過ぎる。。。





スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
モノクローム

モノクローム人生のインタベンショニスト

投稿者の過去記事

1979年生まれ。血液型O型。
格闘ゲーム(ストⅡシリーズ)が趣味。
ストV(2016年2月18日発売)で、
”ガチプロ”目指しやり込む予定。
長野県出身で現在は東京都在住。

ネーミングは…
トレードの世界が常に
「グレーゾーン」であることに由来。

灰色で曖昧な相場の世界を
如何に根拠ある形で明確化していくのか?
これが最大のテーマ。

モットー(信条)は、、、

「極力裁量を加えない事が、最高の裁量判断」

ポートフォリオの概念を
積極的に取り入れることで、
収入源のリスク分散化に成功する。

収益の柱となり得る"資産"を形成すべく、
ネットビジネスにも積極的に着手。

依存せずに好きにハマって
人生を満喫する”生き様”を提案している。

プロトレーダーとして活動する傍ら、
現在、パチプロ、マーケッター、
インタベンショニストとしても活躍中。

      サイト運営者:モノクローム


     【人生のインタベンショニスト】



        ⇒上の猫は何者?

無料メルマガ

悩み、相談、気軽にお問い合わせを。

独自商材検証


圧倒的な破壊力を秘めた裏技


特集記事











ピックアップ記事

  1. 今日はいきなりド直球!俺が最近、ハマっているメルマガをご紹介。あ、メルマガっつっ…
  2. さて、前回の記事で、初めて人様の無料メルマガを紹介してみたところ、、、↓↓↓この…
  3. 今日は、最近俺が強く感じている、投資で成功するために必要な「マイ…